後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Thanks TOKYO!! (東京マラソン参加記)
今日は、昨年につづいて二度目の東京マラソンでした。

2007年の東京マラソンは、冷たい雨に震えながらの参加。
年末のホノルルマラソンは、集中豪雨に見舞われたレース。

「マラソン=シューズの中はびしょ濡れ」という構図が
すっかりできあがりつつあった私でしたが、
今日は快晴の中、素晴らしいコンディションでのレースでした。

結果は、スタートライン通過時からのネットタイムで、
4時間36分12秒。

昨年の東京マラソンタイム(6時間53分)を2時間以上、
二ヶ月前のホノルルマラソンタイム(5時間30分)を50分以上縮める
自己ベストでした。

サブフォーランナーの方から見たら、まだまだのタイムですが、
一年前の状態を考えると、随分縮めたなあ、と思います。

いつもは、給水は「給水だからしかたなく歩く」言い訳の場だったのですが、
今日は、給水も上り坂も一度も歩きませんでした。
最後まで歩かなかったのは、初めてでした。

今年も、時系列でレースを振り返ってみたいと思います。


●レース前:

昨夜遅くまでかかって、レース中に聴く音楽を編集し、
「2008東京マラソン・スペシャルエディション」が完成していたものの、
会場に着いて、iPodに移していなかったことに気づく。
ショック・・・。

バゲッジは、今年も大型のガルウィングトラックでの搬送。
好天の今年は、昨年よりもスムーズに進む。

私のトラックは37番。
ホノルル仲間のうっちーが、31番トラックでボランティアをしている。

31番トラックまで出かけて、彼とハグ。

ボランティアで働くうっちー。かっこいいぞ。


●スタート:

スタート場所は日がぽかぽか当たって気持ちが良い。

入念に下半身をストレッチする。

いつも必ず激しい痛みに見舞われる両膝。
先日読んだ「神道のこころ」に従い、今日はまず両膝に感謝の気持ちを捧げる。

右ひざを撫ぜ、左ひざを撫ぜ、
「いつもありがとう」
と心の中で話しかける。

(ちなみに、いつもは20キロ以上走ったら耐え難い激痛に襲われたのに、
今日は42.195キロの間、一度も膝の痛みが出なかったのだ)

やがて号砲が鳴り、昨年同様にゆるゆるとスタートする。
スタートラインを超えたのは、スタートから15分が過ぎてからだった。


↑スタートライン直前の光景。ぽかぽか


●5キロ地点まで(都庁〜歌舞伎町〜飯田橋):

天気が良い分、去年よりも応援の人出が多い。
みんな笑顔で、「がんばれ〜」と声をかけてくれる。
周囲のランナーもみんな元気。

スタート直後は、とにかくゆっくり、を心がける。
1キロ7分で、5キロ35分が出だし5キロの想定ペース。
想定ペースどおりでゆっくり走る。

途中、スマイルワークスのムラタグ社長と遭遇。
しばし併走する。

飯田橋では、スマイルワークス社の皆さんから、
「あ、もえパパだ!」「もえパパガンバレー!」
という熱烈な声援を受ける。


↑併走しながら撮ったムラタグ社長


●10キロ地点まで(飯田橋〜竹橋〜二重橋〜日比谷):

途中、去年と同じ場所で「ヤングマン」を大音量で流している一団に遭遇。
去年は、大きなラジカセだったのに、
今年は1メートルもありそうな大スピーカーを用意している。
パワーアップしたなあ。

自分のオフィスの前をとおり、
皇居に沿ってしばし、走る。
膝はまったく痛くない。嬉しい。

沿道の人々とハイタッチを交わしながら、
「ありがとう」
と言いながら走る。

あっという間に10キロ。


●中間地点まで(日比谷〜芝〜品川〜芝〜日比谷):

日比谷から品川に向かう第一京浜に入ったあたりで、
何だかスイッチが入った。

ず〜〜っと途切れなく「がんばれ〜」と声をかけてくれる沿道の人々に、
本当にありがたい、という気持ちが湧き上がる。
ひたすらハイタッチ。
ひたすら「ありがとう」

キロ6分にスピードアップ。
膝は痛くない。どこまでも行けるような気がするくらい。


●30キロ地点まで(日比谷〜銀座〜日本橋〜浅草):

中間点を2時間16分で通過。
去年はこのあたりで、膝が痛くて痛くてもう歩いていた。

25キロあたりで、ボランティアを終えたうっちーを沿道に発見。
駆け寄って、ハグ。

日本橋の高島屋の向かいで、家族と会う。
応援ボードを持った娘の姿が目に入る。
駆け寄って、またハグ。
周囲の人々が微笑みながら、見ている。


↑娘と息子と記念写真。

その後、ひたすら1キロ6分のペースを維持しながら浅草に向かって北上。
浅草のあたりの声援もすごかった。


↑雷門前の大群衆


●35キロ地点まで(浅草〜日本橋〜銀座〜築地):

30キロ過ぎで、今日のレース初めてのトイレに。
昨年も使った穴場のトイレ。

日本橋から再び銀座を通って歌舞伎座前を通過。
そのあたりで、池尻大橋の名店「ゆるり」の大将と奥様を沿道に発見。
また、ハグ。
奥様のCさんは、ホノルルを10回走っているような本格ランナー。
去年は東京も走ったのだが、今年は残念ながら落選してしまった。

ポットに温かいコーヒーを淹れて持ってきてくれていて、
ありがたく、いただく。
おいしい〜。


●40キロ地点まで(築地〜豊洲〜東雲):

このあたりもまた、多くの人が凄まじい声援を送ってくれた。
去年よりもずっと多かった。

何度も何度もハイファイブ。

「もう、今年の東京マラソンは終わってしまうのか」
と、少し感傷的になりながら、走っていた。


●ゴール(ビックサイト):

ひょこひょこ歩きながらゴールした去年と違って、
今年は、結構な勢いでゴール。
ゴール前で待っているはずだった家族の姿はなぜか見えず。
(うまく移動できなかったらしい)
そのかわりに、にしおかすみこがいましたが(笑)。

こうして、今年も東京マラソンが終わりました。


<5キロラップタイム>
-5KM 0:34:50
-10KM 0:34:17
-15KM 0:30:01
-20KM 0:30:23
-25KM 0:31:19
-30KM 0:33:09
-35KM 0:32:43
-40KM 0:34:35
-GOAL 0:14:55

Total 4:36:12


<今年の総括>

とにかく、素晴らしいレースでした。

スタートからゴールまでの42.195キロ。
一部、人が入れない高架橋をのぞいて、ずっと途切れなく人垣がつづきます。
銀座や浅草などでは、五重六重の人垣が。

みんなが、「がんばれ〜」「ファイトー」と切れ目なく声援を送ってくれて、
ものすごくポジティブなエネルギーを与えてくれます。

たくさんの応援ボードの中には、
笑わされるものもあれば、ちょっとホロッとくるようなものもありました。


また、「私設エイド」を設置してくれている人や、
チョコやアメ玉などを差し入れしてくれる人の数も、
去年よりもさらに増えていました。

車道の歩道寄りは、少しでこぼこしていたり、傾いていて、
走りやすくは決してないのですが、
歩道寄りを走ったほうが、圧倒的に元気に走れる気がしました。

多少寄り道をしても、ハイタッチをして、
「がんばって!!」
「ありがとう!!」
という会話を交わしたほうが、結果として元気をもらえてタイムも上がる
のです。


レース前は、
「100メートルに1回ありがとうと言って、全部で400回くらいかな?」
と思ってましたが、とてもとてもそんなものではありませんでした(笑)。
たぶん、その10倍以上は言ったでしょうか。
ハイタッチも、1000回以上はしました。


こんなに多くの人から応援されることも、
こんなに何度も「ありがとう」ということも、
都市型ビッグマラソンならでは。

本当に心の底から東京に「ありがとう」、と言いたくなる、
一日でした。


声援を送ってくれた皆さん、ありがとう。
ハイタッチしてくれた皆さん、ありがとう。
ボランティアの皆さん、ありがとう。
一緒に走ってくれた皆さん、ありがとう。
企画運営をしてくれた皆さん、ありがとう。
交通規制に協力してくれた皆さん、ありがとう。
愛する家族のみんな、ありがとう。

そして、最後まで頑張ってくれた、僕の体、ありがとう。

来年もまた、会いましょう。



ありがとう!!


↑娘が作った応援ボード。パパの似顔絵が描いてあるが・・・(苦笑)。
| 橋口寛 | RUN | 19:20 | comments(16) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:20 | - | - |
やりましたね!大幅な時間短縮。
おめでとうございます。
天気も良く素晴らしい日でした。
今日はテレビを観ながら走りたくてウズウズしてました。
| gurana | 2008/02/17 9:07 PM |

おつかれさまです。野次馬としてビッグサイトにちょっとだけお邪魔しました。

完走 おめでとうございます
| Cazper | 2008/02/17 9:51 PM |

すごい!、そんなに記録を上げるなんて!
実はみんなで心配していました。今年もまた途中で歩き・・・・・なんてね。
まだまだ記録は伸びそうですね。
| 郁 | 2008/02/17 9:54 PM |

おめでとうございます!!!
銀座で橋口さんを見つけたときは、沿道の応援に
スッゴイイイカオ!して応えていたのが印象的でした!
みんないい顔してるんですけど、ダントツでしたよ〜。
来年もまた顔晴りましょ〜
| うちむら | 2008/02/17 10:39 PM |

素晴らしいマラソンだったんですねー

高校時代、3回ともマラソン大会をサボった私には、殿上人。

家族もお天気も見ず知らずの人たちも、みんな味方でしたね。
| mitani3 | 2008/02/18 12:19 AM |

おめでとうございます。

たくさんのパワーをもらったレースでしたね。

東京全体がひとつのチームと言う感じでしょうか。

いろいろな可能性を感じます。

ありがとうございました。
| ono | 2008/02/18 6:03 AM |

橋口さん、完走おめでとうございます!!風は強かったですが、気持ちよかったですね。

また、去年とは比べ物にならないタイムすばらしいですね。しかも、写真撮影したりしながらで、余裕のゴールだったのでは?来年はサブフォーいけそうですね。その前に、まずはお互い抽選がんばらないと(がんばりようがありませんが)いけませんが。
ちなみに、私は24296(女人苦労)というせつない番号でしたがなんとか這うようにして完走しました。本当にお疲れ様でした!!
| T内 | 2008/02/18 8:18 AM |

お疲れ様でした―。
お天気にも恵まれてよかったですね!
くま
| ekumano | 2008/02/18 8:30 AM |

ハッシーすげぇぜ!!
| はま | 2008/02/18 9:11 AM |

橋口さん、完走おめでとうございます!
そして大幅にタイム短縮もできてすんばらしい!
ブログを読んでいるだけで、映像が浮かび涙モノ。
私の上司&後輩君は10kmに参加しましたが、次回も走りたいと言っていました。私も今年は落選しましたが、来年は是非当たりたいものです。まずは10kmから・・・。

お疲れ様でした☆
| しのはら | 2008/02/18 11:10 AM |

大幅なタイム更新、すごいですね!完走おめでとうございます!

こちらは同日開催の香港マラソンにて、妻と出場してました。僕は初フルマラソンでしたが制限時間ギリギリの5時間25分でした。かなり歩いてしまいましたが。

香港は高速道路を走るコースが多くて余り応援が無くて寂しかったです(^^;。
| こーじ | 2008/02/18 2:58 PM |

guranaさん:

ありがとうございます。
天気が良くて、本当に素晴らしい日和でした。



Cazperさん:

ありがとうございます。
ブログ見ましたが、オールスポーツコーナーなんて、あったんですね。
気づかなかった。。



郁さま:

ありがとうございます。
実は自分でも「最後は歩くかな・・・」と心配してましたが、何とか歩かずに済みました。

引き続き、無理せず楽しく頑張ります。
| 橋口 | 2008/02/18 9:32 PM |

うちむらさん:

ほんと、ボランティアありがと!
今回は、ずっと笑顔だった気がします。
うっちーも、ええ顔してましたよ!(笑)


mitani3さん:

ありがとうございます!
実は私も学生時代長距離走が一番苦手でした(笑)。
それがなぜ、こんなことになっているのか、、、
飲みの場の勢いって恐ろしいな、と思います(笑)。


onoさん:

ありがとうございます。
そうですね。
去年につづいて、東京の素晴らしさをすごく感じた一日でした。
| 橋口 | 2008/02/18 9:36 PM |

T内さん:

ありがとうございます。

>ちなみに、私は24296(女人苦労)というせつない番号でしたが

その番号をそう読む人は、そうそういないと思うし、
そのことがT内氏をある意味象徴してますね。
尊敬します。

しかし、「這うように」と言いつつサブフォーで走るあたりはさすがですね。


ekumanoさん:

ありがとう!
いつか、東京マラソンの託児サービスやりましょう。


はまさん:

ありがとうございます!
| 橋口 | 2008/02/18 9:41 PM |

しのはらさん:

ありがとうございます!!
来年こそは受かるといいですね。
10キロと言わず、いきなりフルから行きましょう(笑)。


こーじさん:

ありがとうございます。
初フルおめでとうございます!

奥様はきっと速かったんでしょうね〜。
| 橋口 | 2008/02/18 9:43 PM |

橋口さん、負けました!
(5分後くらいにゴールしました)
こんなに早くなっているなんて・・・。
僕もこのイベントに参加して
『感動』と『感謝』のフルマラソンでした。
来年はぜひ会いたいですね。

No39340 

| ノゾム | 2008/02/18 11:48 PM |










http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/886
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ