後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
OKUTAさん訪問
ヒリヒリするほどに、暑い一日。

銀座で、知人とランチ。
僕と同年代だが、既に複数の大手消費財企業の経営者を経験している人。
体験に基づく色々な話が、とても参考になった。


その後、電車で埼玉県大宮市へ移動。
LBA(LOHAS Business Alliance)代表の大和田順子さんと一緒に、リフォーム企業のOUKTAさんを訪問した。

OKUTAは、完全自然素材でのリフォームを徹底している会社である。

創業者の奥田会長はサーファー。
山本社長は元ミュージシャン。
そのあたりも含めて、パタゴニアのような会社である。

山本社長に、同社のアウトレットや、「ロハス・スタジオ」と呼ばれる店舗を案内していただき、いろいろと説明を伺った。

アウトレットには、お客様が体感できよう、「無添加リフォーム済みの部屋」と、「通常の部屋」とが並べて展示されている。

部屋に入った瞬間、その部屋の持つ匂い、湿度、暑さその他の「感覚」が、まったく違うことに、驚く。体験の持つ、圧倒的な説得力。
湿度や匂いを吸着する「EM珪藻土」の威力には、すごいものがある。

EM珪藻土の壁


不揃いの無垢材の床


断熱効果の高い木サッシ


同社のすごいところは、2001年までは、「普通の」売上至上主義のリフォーム会社だった、ということだ。
今ではその頃の面影すらないけれど、2002年に奥田会長のある体験をきっかけに、180度違う会社へと経営方針を大転換した。
当時180人いた社員の半分は、方針転換についていけずに辞めてしまったという。

オーナーにしかできないことではあるが、それでもその「決断」の力と抵抗は、
並大抵ではなかったはずだ。


さて、今回なぜOKUTAさんを訪問したかというと、
来週28日(火)に行われるLBAの第一回勉強会にて、OKUTAさんのプレゼンがあるため。



山本社長のプレゼンにつづき、僭越ながら私が同社のビジネスモデルに
ついて、30分ほど解説させていただきます。
(「解説」というようなえらそうなものではなく、「学べることの整理」です)


締め切りは過ぎてしまいましたが、もし、ご興味のある方は、<strong>こちらからどうぞ。
| 橋口寛 | LOHAS | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/784
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ