後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ひとつの区切り
週末は、板倉雄一郎事務所主催の「企業価値評価セミナー」合宿でした。

このセミナーをスタートしてから、二年半。
回を数えて24回目となる今回。
基本的に毎月開催してきたセミナーでしたが、定期開催はこれにて打ち止め。
今後は不定期での開催ということになります。

その意味で、区切りのセミナーでした。

今回は、受講生の皆さんが37名。
再受講生の皆さんが何と100名強。

定期開催最後の回ということで、再受講希望の方々が多く、部屋を拡張したり、机をレンタルで追加したり、いろいろと対応したにもかかわらずすべての方を受け入れることができず、申し訳なく思っています。


全部で150名〜160名が並ぶセミナールームの様子は、本当に壮観でした。


再受講生の方々の中には、
もう15回目くらいの再受講の方もいれば、
二年半前のセミナースタート時以来の再受講の方もいらっしゃいました。

久しぶりに参加した方が共通して語っていた言葉は、
「前に参加した時に比べて、コンテンツが段違いに改善されている」
というものでした。

毎回セミナーを行っている我々自身にあまり自覚はありませんが、
久しぶりにセミナーに参加した方には、非常に印象的なようでした。

まるで、毎日こどもの成長を見ている親は、それを感じられなくても、
久しぶりに会った親戚には、驚くほどの成長が感じ取れるように。

一回一回の改善は小さなものでも、
それを20回以上繰り返した結果、始めの頃とはまったく違ったコンテンツが出来上がっているんだなあ、とあらためて思いました。

すべての事柄に共通する、貴重なメタファー、でもあります。


二日間のセミナーの最後にワークショップがあります。
3チームの発表を受けて、僕が前でしゃべり、
二日間の締めくくりとして、板倉さんが総括のコメントを語ります。

「私の方からは以上です。では最後に板倉さん。」
と私。
ワークショップで使用したアイランド状になった机の間を縫って前に歩いてくる板倉氏。
マイクを受け渡し、そして板倉氏がしゃべり始めます。

これまで23回繰り返されてきた、光景です。

板倉氏の左手には、受講生の発表を受けて書かれたメモ。右手にマイク。
あっという間の二日間を終えた受講生の疲労感とエネルギーが、部屋じゅうに満ち満ちています。
僕は、ポディウムの脇で、右斜め後ろから板倉氏のメッセージを聞いています。
いつも、左手に持たれたメモの英語が見えます。
板倉氏の話を、うなずきながら聞いている受講生の方が見えます。

これまで23回繰り返し見てきた光景です。


違ったこと。
それは、今回は二年半の活動を振り返っての謝辞が含まれていたことでした。
二年半前に活動をスタートした時の話が含まれていたことでした。

とても感慨深い、特別な時間でした。


本当にあっという間の二年半でした。

今回の卒業生の皆様、ありがとうございました。
これまで受講してくださり、活動を支えてくださった600名の卒業生の皆様、ありがとうございました。

少しずつかたちを変えながら、
皆さんと一緒に楽しみながら、
これからも価値を生む活動を、つづけていきたいと思います。
| 橋口寛 | 企業価値評価 | 23:59 | comments(5) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |
橋口さま
コメント欄にて、失礼しますね。
セミナーお楽しみさまでした。
僕自身、11期卒として、2007年1月から、7月にかけて、計7回も参加させていただきましたが、ファイナンスに限らず、人としての姿勢など、大事なことを多く肌で学ばせて頂きました。
また、SDSUの学部でもファイナンスは難しいと認識されていますが、良いのか悪いのか僕にとって目新しいことは全体の25%もなく、留学当初からネイティブの友人にまで試験前は教えていました。笑

コメント欄にて失礼とは思いましたが、お礼申し上げます。
ありがとうございました。
帰国してお会いできる機会が楽しみです。

| Nakajima | 2007/03/13 5:18 PM |

毎回、期待以上の価値を頂いて帰路についています。
受講生として、こちらこそお礼を申します。
ありがとうございました!
今後の活動、楽しみにしています。
| odawara | 2007/03/13 8:34 PM |

>とても感慨深い、特別な時間でした。

僕も同じように特別に感じていました。
ありがたい、と思いながら。

今後ともよろしくお願いします。
| Naoki | 2007/03/14 12:41 PM |

こんにちは。これだけのリピーター受講生を惹き付ける理由を知りたいです。バックグラウンドは様々という事ですから、研修内容が普遍的なものなのでしょうね。時間見つけて一度受講させていただかないとですね 汗
| qw_s | 2007/03/14 1:01 PM |

nakajimaさん:

お久しぶりです!
コメントありがとう。
アメリカでの学生生活エンジョイしてるみたいですね。

帰国して、また参加されるのを楽しみにしてますよ!


odawaraさん:

こちらこそ、ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。


naoki:

ですね。
こちらこそ、今後とも宜しく!!


qw_sさん:

先日はありがとうございました。
何度も参加いただける皆さんには、ほんとに感謝です。

是非一度ご参加ください(笑)。
| 橋口 | 2007/03/18 12:09 PM |










http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/705
充実した週末
先月に引続き、ファイナンスセミナーに参加。 土曜は朝10時半から19時すぎ、今日は朝9時から20時すぎまで、昼食の1時間を除いてぶっ通しでファイナンス。 しかも、今回は定期開催の最後だけあって、総勢140名。圧巻である。 初受講は2005年11月。留学を経て、初
| esmt MBA 日記 | 2007/03/13 1:07 AM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ