後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
23回目の企業価値評価セミナー
週末は板倉雄一郎事務所主催の、第23回目の企業価値評価セミナー合宿でした。

今回も、
・30名の受講生の皆さん、
・約60名の再受講生(卒業生)の皆さん、
・事務所パートナーと協力企業の皆さん、
と一緒に、楽しくも濃い二日間を過ごしました。

「23回目」という数字は、冷静に考えると、驚きに値するものです。
よくぞここまで続いたものだ、と思います。
毎回、途切れることなく受講生の方が来ていただいたからこそ、
実現された数字であり、
これまで参加いただいた皆様に、本当に感謝しています。

(実は、来月3月の第24回合宿セミナーを持って、毎月開催する企業価値評価セミナーの活動は、一旦休止することが決まっています。
残念ながら、最終回は既に満席になってしまいました。
その後は、コンテンツを大幅リニューアルして、開催頻度・規模・コンテンツを見直した上で、何がしかのスタイルでは必ず実施する予定です。)


先日、「企業価値評価セミナーと私」という冊子を作成しました。

セミナー受講生の方々から、
「なぜセミナーを受けたのか」
「セミナーを受けてどう変わったか」
などについての文章を寄せていただいたものです。

僕は、この冊子の編集をさせていただいたのですが、次々に寄せられる原稿を集約した冊子を編集するのは、本当に素晴らしい時間、素晴らしい体験でした。
冊子は最終的に120ページ以上にもなりました。


正直、一般の方がこの冊子を読んだ場合、中に書かれている内容の「熱さ」との温度差に、ちょっと引かれるかもしれません。

でも、内部でさまざまな会話を繰り返してきた我々にとっては、
どの「熱さ」も、とてもすんなりと胸に落ちる内容ばかりなのです。


読んでいると、一人ひとりの受講生の皆さんの顔が浮かびます。
それぞれとセミナーの懇親会や打ち上げで話したことなどが思い起こされます。

この活動を行ってきて良かった、と心から思える瞬間であり、
感謝の念を新たにした冊子でした。

コンテンツは変わりますが、セミナーにご興味のある方は、是非読んでみてください。
| 橋口寛 | 企業価値評価 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/686
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ