後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
自由闊達にして愉快なる
元ソニー役員の天外伺朗さんが紹介していた、ソニーの設立趣意書の一文。
真面目ナル技術者ノ技能ヲ、最高度ニ発揮セシムベキ自由豁達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設

あまりにも有名な、井深大が手書きで書いた、東京通信工業の設立趣意書。

何度も読んだことはある文なのだけと、今回、なぜか今までにないくらいに強く印象に残った。

「真面目なる」社員が、
「自由闊達」で
「愉快」に働きさえすれば、
たいがいのことはできる。

特に、「愉快」であること。
これは、何よりも重要なことだ。

設立趣意書に「愉快」であることを盛り込む。
若き井深大の高揚が、その筆跡から感じ取れるようだ。


僕が関与するすべてのチームは、やはり常に愉快でありたい。

あの工場やかの職場は、
「愉快なる工場」、「愉快なる職場」であるだろうか。
| 橋口寛 | 言葉 | 15:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:15 | - | - |
マネジメント革命、読まれましたか?
感想を聞いてみたいと思ってました。
紀伊国屋で、「パートナーシップ〜」の隣に陳列されてました。w
| ヌマ | 2007/01/30 8:16 PM |

ヌマさん:

パラパラとめくっただけで、まだ読んでないんですよ。
早く読んでみたい。

>紀伊国屋で、「パートナーシップ〜」の隣に陳列されてました。w

そうなんだ(笑)。
たしかに、同じような匂いは感じます(笑)。
| 橋口 | 2007/02/01 12:08 AM |

ご無沙汰しております。企業評価セミナーでおせわになりましたTANAKA@CANADA
です。
ソニーの設立趣旨久々に見ると私もひきつけられました。
「最高度ニ発揮セシムベキ」、井深氏の社員(というより仲間の感覚かな?)の持つ可能性への絶大な信頼が現れています。松下幸之助も自らの社員への信頼は絶大だったそうです。「社員を信頼する経営者」しごく当然の経営者の姿だと思いますが、実際はどうか?考えさせられる文書ですね。
| TANAKA | 2007/02/03 1:20 PM |

TANAKAさん:

ご無沙汰しています。
カナダはいかがですか?

優れた経営者は、いずれも社員に対して絶大なる信頼を置き、社員もまた経営者の自らへの信頼に対して揺るぎない確信を持つ。

直接井深さんを知る、とある方が、そんなことを言っていました。

簡単なようで、難しいことですね・・・。
| 橋口 | 2007/02/06 1:28 AM |










http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/674
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ