後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
TUCK説明会
ANAホテルで行われた、TUCKの在校生の方々が企画してくれたTUCKの説明会に参加。

会場には、150名ほどのアプリカント(受験生)とパートナー(配偶者)の方々が集まっていた。
会場後方には、20名ほどの卒業生・在校生・そのご家族の姿が。

会場に赤ん坊が何人もいるあたりが、いかにもTUCKの説明会らしい雰囲気である。


TUCKに関するプレゼンの後に、パネルディスカッション、そして懇親会。
パネルディスカッションに参加させていただいたが、会場の雰囲気がとても固い気がしたので、例によって少しふざけてしまいました。
すいません。。


かつて、同種のイベントにアプリカントとして参加されていてお話した人々が、その後合格し、留学し、卒業し、今は卒業生としてイベントに参加している。

あらためて、時の過ぎる速さを思った。



これからも、次々と人々がやってきて、そして去っていく。

かつてピカピカに輝いていた"Class of 2003"という言葉が、少しずつ古めかしいものになっていく。

新しきものは、いつかは必ず古くなるから、
我々は、目新しさだけでないものを創り出さなければならないのだ、と思う。
| 橋口寛 | TUCK | 23:59 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |
超、納得です。

落語で学んだ言葉ですが、
時がたち古くなっても、
「時代がついてる」っていわれるモノ創りますよ。
| はま | 2006/07/09 1:36 PM |

ほう!
濱口っちゃん、相変わらず良いこというねえ☆
| おぷる | 2006/07/09 3:17 PM |

はまさん:

>時がたち古くなっても、
>「時代がついてる」っていわれるモノ創りますよ。

いいですね!さすが。
「火焔太鼓」ですね。
| 橋口 | 2006/07/12 1:18 AM |










http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/532
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ