後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
諸行無常
夜、東京ドームにて、巨人・阪神戦を観戦。

腰痛に前かがみで歩きながら、先週の試合でスライディングして擦りむいた左膝からいまだ血をしたたらせながら、Tシャツ・短パン姿でドームに向かう。

いつもは、「ハードコア」なタイガースファンの皆さん(前の職場及びその前の職場には、本当にディープなファンが多いのだ)と、観戦することの多い私だが、今日一緒に出かけたのは「ソフト・タイガースファン」若干名と、そもそも野球自体にあまり興味のない人々。

そんな方々にとっても、タイガースファンの生態そのものが、とても興味深いようでした。
楽しんでいただけて良かった。


試合は11−0という一方的な展開に。

まず、試合開始前のオーダー発表を見て、とても感慨深い思いを抱く。
1.木村
2.亀井
3.二岡
4.李
5.ディロン
6.阿部
7.大西
8.小坂
9.工藤

怪我人が出ているとはいえ、これがジャイアンツのオーダーか?というような威圧感のないメンバー。

他方、タイガースは、主軸の今岡が抜けていることを感じさせないオーダー。


5年前、試合開始前のオーダー発表から、彼我の実力差を思い知らされて、切ない思いをしたことを思い出す。

わずか五年間で、立場は完全に入れ替わってしまった。

諸行無常。
盛者必衰。

今は栄えているタイガースも、バルサも、自民党も、アメリカも、トヨタも、すべていつかは必ず衰える。

今は生きて動いている我々の肉体が、やがて朽ちていくように、それは動かしえない真実である。


それにしても、「弱いジャイアンツ」はあまりにも寂しい。
できるだけ早く復活願いたい。

| 橋口寛 | 阪神タイガース | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:19 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/524
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ