後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
オシム監督の言葉
STAR SOCCER」を読んでいて、目にしたジェフのオシム監督に関する記事。

インタビュアーが、

「弱いチームが強いチームと戦う際に、配られたカードに文句を言っていては話にならない。配られたカードの中で智恵を使ってそのゲームに勝つのが面白いわけで、それをするオシム監督は素晴らしい」

というようなことを言ったところ、オシム監督が烈火のごとく怒り出した、という話である。

「カードとサッカーは違う」
「2のカードは、いつまでたっても2だが、サッカー選手は成長するんだ」

と怒ったのだとか。


考えてみれば当たり前のことなのに、不思議なくらい忘れてしまうこと。
「時間」という概念と、「成長」という概念。

我々は、ダイナミック(動的)な世界に生きているにも関わらず、スタティック(静的)な姿でものごとを語ってしまいがちだ。

教科書は、スタティックだから。
メディアは、スタティックだから。
パワーポイントは、スタティックだから。
スプレッドシートは、スタティックだから。

二次元に落とし込んだ瞬間、スナップショットで切り取った瞬間、ダイナミックな現実世界は、スタティックなものに変わってしまう。
でも、それは幻でしかない。
現実ではありえない。


インタビュアーは、スタティックに物事を捉えている。
オシムは、ダイナミックに物事を捉えている。


経営も、投資も、スポーツも、人間関係も、すべて同じアナロジーが利きうる。

我々は誰も皆、時間と共に成長するのだ。
| 橋口寛 | 言葉 | 18:57 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:57 | - | - |
橋口さん、ご無沙汰です。

時間によって劣化するものも有り、復活するモノも有り、何かとタイミングって大事ですよね。

Timing−時間の現在形。

過去に生きるのでも、未来に想いを飛ばすのでなく、
今を生きる。

それが結果的に時間と共に成長するということになるんでしょうかね?
| YY | 2006/06/17 1:33 AM |

最近は
いろんなメディアで
”サッカー日本代表奇跡を起こせ!”
って叫んでますね。

奇跡じゃなきゃ勝てない?
勝ったら奇跡?

どっちにしてもなんか、日本代表に失礼じゃないかな・・・
と思うのは私だけか(^^;;;

素人目に見ても4年前に比べて格段にレベルアップした事を
感じます。

勝てる可能性が10%だろうが、5%だろうが
そうなることは奇跡じゃない。
それまでの努力が生み出したもの。

勝てる可能性0%で勝ったら奇跡かもしれないけど、
みんなそうは思わないでしょ、きっと。

まして、やってるほうはそんなこと思ってるわけないし。

見てるほうはひたすら応援するのみですね。^^
| ono | 2006/06/17 9:28 AM |

次の代表監督は、マジで、オシムにやってもらいたい。
| | 2006/06/17 7:11 PM |

YYさん:

ご無沙汰しています。

そうですね。
時間の経過とともに、上昇するものもあれば、低下するもののもある。
すべては、スタティックではなく、ダイナミックだということですね。

「今を生きる」ことが、将来成長することになる、というのはいいですね。そのとおりだと思います。
| 橋口 | 2006/06/20 3:42 PM |

onoさん:

みんな、「奇跡好き」なんですよね(笑)。
「○○の奇跡」って言いたいんです。アイコンとして。

現在の日本代表の状況に対する、イチローの前向きな発言がすごく印象的でした。
一流のマインドだと思いました。

あとひとつですが、ただ信じて見守りましょう。
| 橋口 | 2006/06/20 3:45 PM |

名無しさん:

同感です。
さもなくばベンゲル(もう何年言われているのだろう?)。
| 橋口 | 2006/06/20 3:46 PM |










http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/511
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ