後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
MBA友の会壮行会
如水会館で、毎年恒例のMBA友の会主催の壮行会が行われた。

夕方から行われた幹事会に参加し、そして「Class of 2008 Good Luck Party」の会場へ。

”Class of 2008”か・・・。
会場入り口に掲げられたその数字が既に感慨深い。


留学中の2002年を除き、ここ五年間毎年参加してきたこのイベントだが、今年は過去最多の参加人数による盛会だった。
実行委員の人々は、さぞ大変だったことでしょう。

・多くの人々と久しぶりに旧交を温めた。
・新たに多くの人々と出会った。
・ゲストスピーカーのダイエーの樋口社長に大変好感を持った。
・5年前の自分達の壮行会のことを思い出した。


会場にいるすべての人と話すことはできない。
それでも、100人近い人々と話す。
その100人には、さまざまな人々がいる。

謙虚な人。
愉快な人。
輪に入れずに漂う人。
その人々にさりげなく気を使える人。
トップスクールに受かったというだけで早くも天狗になる人。
一方で、実るほどに頭を垂れる人。

そのすべてが、勉強になることだった。



卒業後、Business Schoolの世界に触れる機会は、滅多にないのだが、木曜日以降、Tuck World Business Forum、Tuck Business Insight、MBA友の会Good Luck Partyと、三日連続でMBA関連のイベントがあった。

懐かしく、初心を思い出させてくれた三日間でした。
| 橋口寛 | MBA | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/502
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ