後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「後日乗」について
「後日乗」って、どう読むんですか?
という質問を、これまでとても多く受けました。
正解は、「ご・にちじょう」です。

お気づきかもしれませんが、サブタイトル欄に、「後日乗」の振り仮名を振りました(笑)。


「日乗」とは、日記のことです。
もともと、学生時代に図書館で読みふけった永井荷風の「断腸亭日乗」からいただきました。
(この日記、貴重なことも書いてあるんですが、大半は素晴らしく愚にもつかないことばっかりなんですよね。素敵です)

ダートマス大学タックスクールに留学中の、2001年2月-2003年6月に、「ダートマス日乗」というホームページで、800日間の日乗を書いておりました。

当時はまだブログが一般に普及していなかったので、あまりこの手のサイト自体がなかったんですよね。
今は、多くの留学中の皆さんがブログで書かれていますので、それに比べると、この「ダートマス日乗」、何ともお恥かしい限りです。

ちなみに、私が留学準備中に毎日読ませていただいていたMaking Baby in America」というサイトの作者であった石野雄一さんと、今では朋友として親しくさせていただいているのも、不思議なご縁であります。


その後、卒業により中断していた日乗の更新を再会したわけですが、「ダートマス日乗」の「後」の「日乗」ですので、「後日乗」。
とまあ、こういう安易なネーミングをしたわけでございます。


以上、「後日乗って何て読むの?」でした。
| 橋口寛 | 後日乗 | 12:43 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:43 | - | - |
石野さんのお子さん、アメリカ生まれだったんですね。
| XXX | 2006/02/03 1:36 PM |

いえいえ。
「Making Baby in America = MBA」という単なるシャレで、実際に向こうでbaby makingしたわけではありません。

シャレとしては、イマイチですね(笑)。
石野師匠、冗談です。すいません。
| 橋口 | 2006/02/03 1:51 PM |

こんにちは。時々拝見させて頂いています。
サブタイトルが、”ごにちじゃう”←”じゃう”になっているのは
わざとですか?
思わず突っ込んでしまいました。
なにかの意図であればご容赦ください。。
| taka | 2006/02/03 1:58 PM |

後日乗を"あとびのり"とばっかよんでた。。。orz
| つかはら | 2006/02/03 5:58 PM |

takaさん:

ありがとうございます。
「にちじやう」は、旧仮名遣いでございます。


つかはらさん:

やっぱ、そうなんですね(笑)。
読めないですよね、普通。
| 橋口 | 2006/02/04 1:32 AM |










http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/401
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ