後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
婦唱夫随の留学
今年シカゴ大学ビジネススクールに留学されるYさん夫妻の、合格お祝いの食事会へ。

ちなみに、「夫妻」のうち、ビジネススクールへ留学するのは奥様の方で、旦那様は仕事を辞めてパートナーとして留学に同行されるそうです。


逆のシチュエーションであれば、普通に「ふんふん」なのであるが、Y夫妻のようなシチュエーションを聞くと、やはり一瞬驚いてしまう。
結局のところ、「夫唱婦随」というか、「女性は家庭に」というか、そういう固定観念があるのでしょうね。


時々、冗談ぽく、「ビジネススクール留学する学生のパートナーの生活が一番いい。次は妻にくっついてここに来たい」なんてことを教授やアドミッションスタッフなどと話したりしたのですが、実際にやるとなると色々と悩むところもあると思うので、第三者としてご主人の意思決定に思いを馳せて、勝手に感慨深いものがあったりする。

また、その選択肢の先駆者として、ご夫妻ともに是非とも素晴らしい果実を得ていただきたいなあ、と思う。


どこか「天然ボケ」?な奥様と、しっかりものの旦那様。

僕がそんなことを思う必要もないようなお二人ではあったが、
ご夫妻にとって、シカゴでの二年間が素晴らしい二年間になりますよう、お祈りしております。
| 橋口寛 | MBA | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/216
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ