後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
人生の短さについて
 とかく忙しい時ほど、忙しさを乗りこなすことで満足してしまい、その結果がもたらすものの意味にまで気が回らなくなってしまう。

この忙しさの中行っていることは、本質的に、長い目で見た時にどのような意味があるのか。

今一瞬の刹那性に全力を尽くしながらも、引きで見た場合の視点を常に忘れぬようにしたい。

忙しい時こそ、時々読み返して自省しておきたい文章はいくつかあるが、セネカのいくつかの文章はその最たるものだ。

---------------------------------------------------

セネカ「人生の短さについて」より

・われわれが短い一生に生まれついているうえ、われわれに与えられたこの短い期間でさえも速やかに急いで走り去ってしまうから、ごくわずかな人を除いて他の人々は、人生の用意がなされたとたんに人生に見放されてしまう。

・われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。われわれは短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである。人生は使い方を知れば長い。

・いつあなたは自分の計画に自信をもったか。自分が決めたように運んだ日はいかに少なかったか。いつ自分を自由に使うことができたか。いつ顔つきが平然として動じなかったか。いつ心が泰然自若としていたか。あなたがこんな長い生涯の間に行った仕事は一体何であるか。

・諸君は永遠に生きられるかのように生きている。満ち溢れる湯水でも使うように諸君は時間を浪費している。

・結局は誰の意見も同じであるが、多忙な人間には何ごとも十分に成し遂げることは不可能である。実際多忙な人にかぎって生きることすなわちよく生きることが最も稀である。また生きることを学ぶことほど難しいことはない。しかし生きることは生涯をかけて学ぶべきことである。

・偉大な人物、つまり人間の犯すもろもろの過失を超越した人物は、自己の時間から何一つ取り去られることを許さない。それゆえにこの人生は極めて長い。

・どんな時間でも自分自身の必要のためにだけ用いる人、毎日毎日を最後の一日と決める人、このような人は明日を望むこともないし恐れることもない。

・人生は三つの時に分けられる。過去の時と、現在の時と、将来の時である。このうち、われわれが現在過ごしつつある時は短く、将来過ごすであろう時は不確かであるが、過去に過ごした時は確かである。この過去を放棄するのが多忙の者たちである。多忙の人々にはただ現在の時だけが関わりを持ち、しかもそれは捕えることもできないほど短く、その短い時でさえも、ほうぼうに気の散っている彼らであるから、知らぬうちに取り去られてしまうのである。
| 橋口寛 | 思う | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:25 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1194
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ