後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
キリアン・ジョルネ
キリアン・ジョルネというスペイン人がいる。

一般的にはあまり知られた存在とは言いにくいが、山岳スキー、ウルトラトレイルランニングの選手として、その世界ではスーパースターだ。

 ↓キリアンのウェブサイト
http://www.kilianjornet.cat//

謙虚で、物静かで、それでいてレースでは無類の強さを発揮する。

ひとつの分野を突き詰めた人にはすべて共通することだが、
彼の語る言葉、つづる文章にもまた、独特の力がある。


「Kiss or Kill」

栄光にキスするか、すべてを捧げて果てるか。
敗北は「死ぬこと」、勝利は「感じること」を意味する。
戦いこそが、勝利、勝者を生みだす。

君はこれまで何度、怒りや痛みに涙を流しただろうか。
これまで何度、記憶や声を失い、疲労の限界を忘れただろうか。
これまで何度、微笑みをたたえて自分にこう言い聞かせただろうか。

「あと一周!あと数時間!あとひと登り!痛みなんか存在しない。
痛みをコントロールしろ。粉砕しろ。振り払ってしまえ。
そして、走り続けるんだ。ライバルを苦しめろ。打ちのめせ!」

僕はエゴイストだろうか。スポーツとはエゴイストなものだ。
孤独と地獄を愛するためにはエゴイストでなければならない。
立ち止まる。咳をする。寒さを感じる。足の感覚を失う。吐き気をもよおす。
嘔吐、頭痛、衝撃、出血・・・・これ以上すごいことなんてあるだろうか。

それでも「もうたくさんだ!」と脚が悲鳴をあげるまで登りつづける。
遥か遠くの山の途上で、嵐の中置き去りにされ、絶え果てるまで。

敗北は死を意味する。すべてを捧げずに死ぬことなんてできない。
痛みや傷に涙を流す前にあきらめるわけにはいかない。
力尽きるまで闘うしかない。
栄光は最高の勲章なのだから。

栄光を手に入れるのも、途中で果てるのも、全てを捧げてからだ。
闘わなければ意味がない。
苦しまなければ意味がない。
力尽きなければ意味がない。
さあ、そろそろ苦しむ時が来た。
勝つ時が来た。

「Kiss or Die」
昔が住んでいた古いアパートのドアに貼ってあった言葉。
僕は毎朝、この言葉を読んで練習に出かけて行った。

Kilian Jornet / キリアン・ジョルネ
| 橋口寛 | 言葉 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:07 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1191
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ