後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
終末期医療と尊厳死
 麻生太郎の「失言」が話題になっている。
発言直後から各メディアからの批判が多く、「個人の人生観を述べただけ」と発言を撤回するにいたった。

-----------------------------------------------------------------------

やっぱり現実問題として、今経費をどこで節減していくかと言えば、もう答えなんぞ多く(の方)が知っておられるわけで。高額医療というものをかけてその後、残存生命期間が何カ月だと、それに掛ける金が月一千何百万(円)だ、1500万(円)だっていうような現実を厚生(労働)省が一番よく知っているはずですよ。
チューブの人間だって、私は遺書を書いて「そういうことはしてもらう必要はない、さっさと死ぬんだから」と渡してあるが、そういうことができないと、あれ死にませんもんね、なかなか。死にたい時に、死なせてもらわないと困っちゃうんですね、ああいうのは。いいかげんに死にてえなと思っても、とにかく生きられますから。しかも、その金が政府のお金でやってもらうというのは、ますます寝覚めが悪いんで。ちょっとさっさと死ねるようにしてもらわないと、いろんなこと考えないと、これ一つの話だけじゃなくて、総合的なことを考えないと、この種の話って解決がないんだと僕はそう思っているんです。
(2013/01/21-19:27)
-----------------------------------------------------------------------

批判を受け、撤回をするにいたった発言ではあるが、個人的には麻生太郎の発言は間違ったことは述べていないと感じる。


私の父は、2004年10月にゴルフ場で脳出血で倒れそのまま病院に運ばれた。
救急病院の医師からは、
「出血による脳の損傷がひどく、手術をしても助かる可能性は低い」
「仮に助かったとしても植物状態になる可能性も高い」
と言われたが、結局我々家族は開頭手術を選んだ。

いくつかの小さな紆余曲折はあったものの、結局そのまま2011年1月に亡くなるまで6年3ヶ月の長きにわたり、ずっと植物状態のままだった。

手術後は胃から直接栄養を摂取する「胃ろう」のチューブを腹に入れ、自らの意思で体を動かすこともできず、深刻な床ずれを患い、そして亡くなった。

母は6年3ヶ月の間、ごくわずかな例外の日以外は毎日毎日雨の日も雪の日も自転車に乗って往復15キロの道を見舞いに通いつづけた。
植物状態の患者を見舞うという行為がどういうものであるかについてはある程度は想像していただけると思う。

我々家族の前には、急性期の「助かっても植物状態になる可能性がある」という医師からの警告があったし、当然その際には「手術をしない」という選択肢が提示されていた。
しかし、我々は手術をする方を選んだ。
そして警告どおり植物状態になった。

つい先ほどまで元気だった肉親に対して、死を結論づける「手術をしない」という意思決定を自ら行うという行為は、その時にあまりにも遠く思えた。その決断から逃げた、あるいは先延ばししたのだ。

その後、家族をずっと苦しめつづけたのは、
元気だったころの父が
「チューブにつながれてまで生きていたくない」
という希望を述べていたという事実と、
そのチューブにつながれて生きる状態を生む意思決定を自らがしてしまったという事実だった。

医師は、我々家族に、
「もう治ることはないから。でも安楽死はできないから、誤嚥性肺炎で死ぬのを待つしかないんだよね」
という信じがたい言葉を述べ、そしてその予告は6年3ヶ月の時間を経て現実になった。

母は毎日の見舞いの帰りに、自転車で救いや希望なき夕暮れの道を走りながら、天を見上げて
「どうかもうそっちに主人を連れて行ってください」
「早くあの人を楽にしてあげてください」
と何度も何度も泣きながら亡くなった祖母(父の母)に頼みつづけたという。

それでも、父はその「生前」の意思に反してずっと長い間生き続けた。

倒れた後の父の意思が、元気だったころの意思と同じであるかどうかは誰にも分からない。

仮に尊厳死という制度があったとしたら、父が植物状態になった後に我々家族がそれを選んだかどうかも、究極的には分からない。(おそらくありとあらゆる手段を経たあと、どこかのタイミングで検討し、そして決定したと思うけれど、それはすべて仮定でしかない)


麻生太郎の発言に感じることは人それぞれであろうと思うし、間違いなく絶対の正解などは
あり得ない。

ただ、長い時間を経てからからに乾燥させて守っていた己が感情に一滴の水分が落ちたように感情が動かされたことだけは事実であるし、それがネガティブな感情ではなかったことだけはここに書いておきたい。
| 橋口寛 | 看病日誌 | 01:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:45 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1187
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/01/23 2:42 AM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ