後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「ポテチ」と「コレジャナイ」
週末、家族で「ポテチ」という映画のDVDを観た。
原作:伊坂幸太郎x監督:中村義洋x音楽:斎藤和義(そして舞台が仙台)、といういつもの組み合わせ。

ロケ地はほとんど馴染みにある場所でもあって、しみじみととても良い映画だった。

主題歌である斎藤和義の「今夜、リンゴの木の下で」にこんな歌詞がある。

 僕が欲しかったのはゲイラカイト
 でも あなたが買ってきたのは 奴凧
 嬉しそうなあなたを見ていたら
 僕は何にも言えなかった
 今度は僕がそうするんだろうな
 きっとあいつに同じようなこと

この、父親(あるいは母親)から息子(あるいは娘)に対する、愛情溢るる好意と「コレジャナイ」感「欲しいのはコレジャナインダ!」感との密やかなギャップは、おそらく有史以来、各所で延々と繰り広げられてきた伝統だ。
(それが「コレジャナイロボ」を生み、虚構新聞の連作を生んだ)

僕もふと思いを巡らせるだけで、いくつもの体験を挙げることができる。
嬉しそうな若かりし父の顔、母の顔。
目の前に誇らしげに広げられた、
欲しいと言ったはずのブランドのパッチもの。

「なぜ事前に確認してくれなかったのか」という思い。
「これでは友達に見せられないじゃないか」という恥ずかしさ。

しかし、それをそのまま親に伝えちゃいけない、という自制。
子供なりに、喜んだ演技をすることの苦さ。

そうやって子供は方便を身につけていく。
自らの咄嗟の判断と意思の結果として。

だからきっと、我々は子供たちの世代の感覚と同化してはいけないのだ。
子供たちに「コレジャナイ」を与えるという役割のために(笑)。 
| 橋口寛 | 育児・子供 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:34 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1181
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ