後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
慶應SDMでのフューチャーセッション
9月19日(水)の19:00から、日吉にある慶應大学システムデザインマネジメント研究科(SDM研究科)で行われた、「フューチャーセッション 〜デザインと経営の未来〜」で講演させていただいた。


古くからの友人であり、現在慶應SDMで非常勤講師をしている富田欣和さんにお誘いをいただき、NARUMIで開発したOSOROに関してクリエイティブディレクターの田子さんと二人でお話をすることになったものだ。


田子さんが、デザインの視点から「デザインと経営の未来」を。
私が、経営の視点から「経営とデザインの未来」を、
それぞれ語るという趣旨。


富田さんからお話をいただいた時に二つ返事でお受けしたが、その理由は以下。

・OSOROにおける難所もブレークスルーも、実は多くの日本企業(特にメーカー)が抱えている問題と同種のものであり、発信する義務があると考えたこと
・NARUMIとOSOROの今後にとっても最高のアピールの場になるだろうと考えたこと
・プロジェクトの過程では全般を俯瞰して振り返ることなどできなかったので、それをあらためて強制的に自らに課してみたかったこと
・純粋に慶應SDMの取り組み(システム思考、デザイン思考、マネジメントの融合)に興味があったこと


結果としては、本当にありがたい場になった。

・プレゼン資料を準備する過程は自ら発見の連続であったし、
・田子さんのプレゼンを聴いていてもたくさんの発見があったし、
・多くの友人知人にプレゼンを聴いてもらえたし、
・その中には妻もいたし(こんな機会はめったにない)
・質問を通じて気づくこともたくさんあったし、
・SDMの場の素晴らしさとそこに集まる教授や学生や支援者と交流ことができたし、
・たくさんの方に「ナルミのファンになった」「OSORO買います」と言っていただけたし、
・そして、何よりも楽しかった。


質疑応答やそのあとの懇親会も通じてたくさんの方々とお話をしたが、時間が足りないと痛切に感じるほどだった。


田子さん、富田さん、ナルミから参加いただいたAさん、サンプルを娘さんと一緒に自転車で持ってきていただいたTさん(ごめんなさい!)、SDMの前野先生・白坂先生、会場にいらしていただいた皆様・・・ありがとうございました!

本当にワクワクする楽しい時間でした。






| 橋口寛 | 後日乗 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1178
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ