後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大人の本気 子供の本気

今日は、世田谷区の中学生たちを集めた「第八期ドリームジャズバンド」のアニュアルコンサートが、三軒茶屋のパブリックシアターで行われました。


トランペッターの日野皓正さんを校長に迎え、一流ジャズミュージシャンの方々10名以上が講師として区内の中学生を教え、8月のライブでその成果を発表するというこのプログラム。今年で八年目になります。
今年から中学生となった我が娘も初めて参加させていただきました。


4月の入校から本番まで約四カ月間。

完全な素人も含めた47名のメンバーで毎週練習を重ねていましたが、2か月前の公開練習で見た時にはまだまだ状況は厳しく、「まあ、中学生だからこの程度かなあ」と思ったりもしました。

その時に聴いた「The More I See You」は、音が全然出ずに、途中で日野校長が「やめやめ!!お前らには無理だこの曲は!」と中止を宣言していましたが、今日の本番では見事に演奏しきっていました。

トロンボーンのソロを担当した女の子が、「絶対にやらせてください」、と日野さんに直訴してやることになったとのこと。ずっと四ヶ月間張り付きだったテレビ局のインタビューで「日野先生を見返したい」と語っていたということ。
そのエピソードを壇上で紹介する日野さんも本当に嬉しそうでした。女の子は、もう演奏が終わった瞬間から涙が止まらず、客席で我々ももらい泣きしてしまいました。


活動を通して感じたことは、とにかく日野さんをはじめとするプロミュージシャンの講師陣がどこまでも本気であること。

「子供だからこのあたりでいいだろう」とお茶を濁すのではなく、とことん子供たちとガチで向き合っていること。


何よりも印象的だったのはその点でした。

大人が適当にやれば、子供もそれを感じる。
大人が本気で向き合えば、子供もそれを感じる。
そして、子供は大人の予想を超えた速度で変わる。

子供たちは大人のあり方の鏡であり、
すべては我々大人が、そのあり方を問われているのだと思いました。


このような場を用意していただいた日野さんをはじめとする講師陣の方々、裏方のみなさんに感謝したいと思います。





写真は昨年のコンサートの様子(世田谷ドリームジャズバンド事務局撮影)






真剣な表情の子供たち(世田谷ドリームジャズバンド事務局撮影)

| 橋口寛 | 育児・子供 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1169
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 1:40 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 1:41 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 1:42 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 2:09 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 2:30 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 4:47 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 5:10 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 6:46 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 8:37 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 10:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 11:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 1:54 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/13 7:25 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ