後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
一ヶ月が経過して。一日一死
早いもので7月に入ってから既に一ヶ月以上が経過した。

気がつくと、新しい環境に適応し、
まるでもう数年前から今の状況であったかのように忙しく過ごしている。


そうやって日々が過ぎていく。
そうやって夏が終わり、秋になる。

そうやって一年が終わる。
そうやって数年が終わり、
そしてついには人生が終わる。


まるであっというまの夢であったかのように、
今生の人生が終わる。


自覚的に何かをドライブさせなければ、
我々はあっというまに年老いていくようにできている。

目の前の出来事に忙しく対処することを通じて、
勘違いした生を生きぬようにしなければ、ならない。
惰性の生を生きぬようにしなければ、ならない。



一日一死。

人は夜眠る時に死ぬ。
そして朝目覚めてまた新しい生を生きる。

毎日己に刃を突きつけて、
やりきったと言える生を生ききることからしか、
何かを成し遂げる人生を生むことはできない。


はや一ヶ月超が経過し、思う。
| 橋口寛 | 思う | 19:37 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:37 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1164
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/08 8:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/08 8:21 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ