後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ご報告
当ブログ上でのご報告が遅れました。

わたくし、先月6月いっぱいをもって洋食器メーカーの鳴海製陶株式会社を退任いたしました。

2007年2月にコンサルタントとしてMBO直後の同社に入りました。
きっかけはTUCK時代の友人が、同社MBOを支援したファンドにいたこと。
当初は週2日x3ヶ月で中期経営計画の作成支援をするというものでした。

その後外部からの立場での経営企画室長、プロジェクトマネジメント等をやらせていただき、
直近2年間は取締役執行役員としてマーケティング・デザイン開発・Eコマース・直営店を担当させていただきました。

実に、合計5年半(パートタイム3年半+フルタイム2年)にわたってお世話になったことになります。


大震災以降は特に経営環境が厳しさを増す中、力不足で社内外の皆さんに大変なご迷惑をおかけいたしました。

ダウンサイジングやショップの閉鎖など、非常に辛いこと、涙することも多くありました。
最後には、たくさんの協力を得て新ブランド「OSORO」の発表まで何とかこぎつけることができましたが、発表後の先を見届けられないのは、我が子を養子に出すような何とも言えないものがあります。


それにしても、多くのご支援・サポートを、有形無形のかたちでいただきながら仕事をさせていただいたことに感謝しています。本当にありがとうございました。


6月最終週は、鳴海製陶の本社のある名古屋と、東京とでそれぞれ送別会をしていただきました。

サプライズでいただいた若手デザイナー謹製のフォトブックの中には飲み会とランニングの写真がほとんどで、自分の会社への貢献は確かに飲み会だったなあ、としみじみ思わされました。

両方で合計70名を超える方に送別会に集まっていただき、本当に感謝しています。

テキーラ、何冊かの素敵な本、ランニングソックス、直筆の日本画、食器、花束、チョコレート、お菓子、シャンプー、扇子・・・たくさんの方に思いのこもった餞別をいただき、本当に感謝しています。


社外のみなさまからもたくさんのメッセージをいただきました。
ありがとうございました。

社内外からいただいたメッセージは、すべて大切な宝物であります。


おかけしたご迷惑へのお詫びと、いただいたご支援への感謝と。


これからの人生を通じてそれをしっかりと何かに昇華させていくことが、恩返しであると痛感しています。

以上、御礼のご報告でした。



| 橋口寛 | お知らせ | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:01 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1158
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ