後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
こどもたちとの時間

日曜日、ミーティングを終えて帰宅したら、
子供たちがテレビの前で昔のビデオを見ていた。

自分たちが小さかったころのビデオ。


・娘が生まれた直後。
・娘がハイハイしているころ。
・娘が初めてたっちしたころ。
・初めて歯磨きをしているころ。
・アメリカでの三歳の誕生日。
・息子が生まれた直後。
・息子が初めてたっちしたころ。

隣には、6歳の姉の姿がある。
元気だったころの「じいじ」の姿も映っている。

パパもママも今よりもずっと若い。


ビデオを見ながら、
ああ、この時期は過ぎ去ってしまってもう二度と戻らないんだな、
ということを思う。

今の娘と息子を見ていると、
本当にかわいくて、このまま大きくならなければいいのに、と
思うことがある。

そんなことはありえるはずもないし、
そんなことが実際にありえたら困るはずなのに、
それでも思う。


と同じように、当時も思っていたな、ということも思い出す。
このまま赤ん坊のまま、2歳のまま、4歳のまま、
大きくならなければいいのに。

でも、あっという間に時間は飛び去ってしまい、
ビデオの中の子供たちは、過去のものになってしまった。


今、目の前にいるこどもたちも、
きっと、またあっという間に過去のものになる。


当たり前で、
不可避で、
本来そうあるべきで、
望ましいはずのことなのに。
想像すると、なぜか切ない。

小憎らしい時も多いけれど、
目の前のこどもたちとの時間は、
キラキラ光る宝物だ。


愛おしいこどもたちとの時間を、
もっともっと大切にしなければ。

ビデオの中に閉じ込められた時間を見て、
今目の前に流れる時間を見て、

そう思った。

| 橋口寛 | 育児・子供 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:43 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1132
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/12/13 1:31 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ