後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アスレチック

朝目覚めた時、今日は仕事を片付けようと思っていた。

妻はセミナー講師で外出する土曜日。
自宅には子どもたちと僕。

でも、窓の外の空気が、あまりにも明るい。
梅雨が終わったような、太陽。

気がついたら子どもたちと一緒に外に出かけていた。
たまにこんな日がある。


向かった先は、電車で一本の
つくし野フィールドアスレチック

山の中にある、フィールドアスレチックコースだ。



 ↑ 森の中、こんな丸太を渡ったり




 ↑ 池の上、こんな丸太を飛んだり




 ↑ 巨大なすり鉢の中をのぼったり


気がついたら、みんな裸足で、
子どもたちは泥だらけ。

「パパ、こどもみたい!」
と娘に言われながら、全力で遊んだ。

小学生の時、裏山でこうやって遊んだなあ、と思いだしながら。


BBQ場もあるし、大人にとってもお勧めの場所だ。
特に「大人げない大人」にとっては。

(でも、必ずアツくなると思うので、着替えは忘れずに!)

| 橋口寛 | 育児・子供 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:23 | - | - |









http://hhashiguchi.jugem.jp/trackback/1090
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/03 3:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/03 8:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/05 12:28 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/05 6:23 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/06 7:59 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/06 5:36 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/07 2:49 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/08 4:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/09 12:11 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/11 3:35 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/14 1:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/14 10:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/15 9:04 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/15 1:08 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ