後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
館山若潮マラソン
 千葉県館山市での館山若潮マラソンを走ってきた。
3年ぶり6度目のフルマラソン。

タイムは何とかギリギリ5年前に出した自己ベストを50秒短縮したベストタイムではあったが、とにかくアップダウンが多くタフなコースであり、疲労困憊のレースであった。
(地元の人たちのホスピタリティは本当に素晴らしかった)



フルマラソンは、事前の練習の積み方、直前の疲労の抜き方、当日朝からの食事の摂取、テーピング・サポーターやウェア、レースの入りのペース、エネルギーや水分の摂取等極めて多くのインプットがあって、それを己の肉体というデバイスを使ってアウトプットを出していくという仮説検証のプロセスだ。

レース後の体の痛みへの影響などを含めると、レース後のスプレー、アイシング、移動方法、マッサージ、食事等のインプットが加わる。


毎回ひとつとして同じものがなく、結果もまた全く異なったものになる。
だからこそとても面白い。


これまでほとんど一人でマラソン大会に参加してきたのだが、今回はランニング仲間と8人で参加したのでそれぞれのインプットの違いも情報共有することができて、データ量が飛躍的に増えた。



それにしても、いつものことであるが、35キロから先は、

「何でこんなにつらい思いをしているのか」
「もうフルマラソンを走るのはやめにしよう」

と思うのに、ゴール後少し時間がたつと、

「あそこをああしておけばもっといいタイムだったのではないか」
「次のレースはいつにしよう。その時にはこんなインプットを試してみよう」

と思い始めているのだ。


人間の脳のメカニズムは都合よく忘れてくれるようにできているのだなあ。



次は3月の古河はなももマラソン。
きっとまた「もう二度と走らないぞ」と思いながら終盤を走るのだろう。


 ↓ 富士山を右手に観ながら走る館山のコース


| 橋口寛 | RUN | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京マラソン2009
東京マラソン2009を走ってまいりました。


↑スタート前。まだ元気でした。


今回は、とにかくきついきついレースでした。

20キロまでは、キロ6分ペースで順調に走ってましたが、
25キロあたりで左膝に急に痛みが発生。
その後、急激に痛みが増していき、それをかばいつつ走っているうちに、
右のハムストリングに「ピキーン!」と痛み発生。

そのあとは、もう地獄のような苦行でありました。
昨年のハッピーチューンなレースが嘘のよう(笑)。

沿道の小さいこどもなどからの声援に何とか笑顔(に見えなかったかも)
でこたえつつ、ハイタッチで「ありがとう!!」と叫ぶと、
少しだけ痛みもまぎれるのですが、そのわずか5秒後には
「うううう・・・・いてえ・・・・」
とうめきながら走っている感じ。


みるみるペースが落ちていき、最後は
「絶対歩かない」
「ここで歩いたら負ける」(何に?)
「落ちた人たちに申し訳ない」
という意地だけで走っていました。


何とかあるかずにゴールしましたが、スタートライン通過時からのネット記録は、
4時間57分35秒。

前年比20分早い4時間15分を目標にしていましたが、
逆に、去年よりも20分以上遅く、
最後は全身カエルの着ぐるみにも抜かれてしまいました・・・。
(ヤツはすごい・・・沿道の人気あったし)

(ゴールした後に知りましたが、すごい強風だったらしいですね。
もう風とか雨とかまったくわかりませんでした。
どうりで帽子が飛びそうになると思った。。)



でも、沿道の声援からは、本当に力をもらいました。
声援がなかったら、歩いてた気がします。

小さな子どもの
「ビスケットだよ!!ビスケットなんだってば〜!!!食べて〜!!(涙)」
という叫び声に、思わず戻って手をのばしてしまいましたし(笑)、
大声援を送ってくれたレスリングの浜口親子とハイタッチしたし、
カエルの着ぐるみと20キロくらいデッドヒートしたし、
苦しき中にも、やはり「東京マラソン」の良さが満載の一日でした。

ありがとう!!!


それから、沿道から応援してくれた、Tさん、ムラタぐ&ミズタぐ夫妻&KT&おーちゃん&スマイルワークスチーム、Mac&あやちゃん、うっちー、妻、みんなありがとう!!!


最後に、無茶するご主人さまに文句も言わず、痛い中最後までがんばってくれた左ヒザと右ハムストリングくん、ありがとう!!!
| 橋口寛 | RUN | 01:11 | comments(7) | trackbacks(0) |
走ってきます
東京マラソン前日。
子どもたちは、じいじとばあばの家に遊びに行き、
我が家は妻と二人だけ。
実に静かだ。

いつもながら、二人暮らしなら、どれだけ仕事がはかどるだろう、と思う。
しかし、はかどらない仕事の代わりに、どれだけの喜びや癒しを
もらっていることだろう。


今日は一日自室にこもってせっせと仕事。

そして、その合間にゆっくりと5キロほどジョギングする。
心地よい。

さらに、先日詰め物がとれた部分を診てもらいに、歯医者へ。
「豪快に取れたんですよ」と言って見せたところ、
「あああ・・・これは豪快ですね」と驚かれた。

残った歯の根っこまでまっぷたつに割れてしまっており、
抜歯してしまうしかないとのこと。
そのあとは・・・・インプラントか?

とりあえず、今日は応急処置だけにして、
抜歯の予約は別途とした。

これだけでも、かなり歯が気にならなくなった。
ヤツがまたマイナーな存在に戻ってしまう。
時々ちゃんと気にするよ。


明日午前9時から東京マラソンです。
ゼッケンはE29894。
過去二年よりもだいぶ前からのスタート。

沿道の人たちに感謝しながら、
たくさん「ありがとう」を言いながら、
走ってきます。
| 橋口寛 | RUN | 22:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
Thanks TOKYO!! (東京マラソン参加記)
今日は、昨年につづいて二度目の東京マラソンでした。

2007年の東京マラソンは、冷たい雨に震えながらの参加。
年末のホノルルマラソンは、集中豪雨に見舞われたレース。

「マラソン=シューズの中はびしょ濡れ」という構図が
すっかりできあがりつつあった私でしたが、
今日は快晴の中、素晴らしいコンディションでのレースでした。

結果は、スタートライン通過時からのネットタイムで、
4時間36分12秒。

昨年の東京マラソンタイム(6時間53分)を2時間以上、
二ヶ月前のホノルルマラソンタイム(5時間30分)を50分以上縮める
自己ベストでした。

サブフォーランナーの方から見たら、まだまだのタイムですが、
一年前の状態を考えると、随分縮めたなあ、と思います。

いつもは、給水は「給水だからしかたなく歩く」言い訳の場だったのですが、
今日は、給水も上り坂も一度も歩きませんでした。
最後まで歩かなかったのは、初めてでした。

今年も、時系列でレースを振り返ってみたいと思います。


●レース前:

昨夜遅くまでかかって、レース中に聴く音楽を編集し、
「2008東京マラソン・スペシャルエディション」が完成していたものの、
会場に着いて、iPodに移していなかったことに気づく。
ショック・・・。

バゲッジは、今年も大型のガルウィングトラックでの搬送。
好天の今年は、昨年よりもスムーズに進む。

私のトラックは37番。
ホノルル仲間のうっちーが、31番トラックでボランティアをしている。

31番トラックまで出かけて、彼とハグ。

ボランティアで働くうっちー。かっこいいぞ。


●スタート:

スタート場所は日がぽかぽか当たって気持ちが良い。

入念に下半身をストレッチする。

いつも必ず激しい痛みに見舞われる両膝。
先日読んだ「神道のこころ」に従い、今日はまず両膝に感謝の気持ちを捧げる。

右ひざを撫ぜ、左ひざを撫ぜ、
「いつもありがとう」
と心の中で話しかける。

(ちなみに、いつもは20キロ以上走ったら耐え難い激痛に襲われたのに、
今日は42.195キロの間、一度も膝の痛みが出なかったのだ)

やがて号砲が鳴り、昨年同様にゆるゆるとスタートする。
スタートラインを超えたのは、スタートから15分が過ぎてからだった。


↑スタートライン直前の光景。ぽかぽか


●5キロ地点まで(都庁〜歌舞伎町〜飯田橋):

天気が良い分、去年よりも応援の人出が多い。
みんな笑顔で、「がんばれ〜」と声をかけてくれる。
周囲のランナーもみんな元気。

スタート直後は、とにかくゆっくり、を心がける。
1キロ7分で、5キロ35分が出だし5キロの想定ペース。
想定ペースどおりでゆっくり走る。

途中、スマイルワークスのムラタグ社長と遭遇。
しばし併走する。

飯田橋では、スマイルワークス社の皆さんから、
「あ、もえパパだ!」「もえパパガンバレー!」
という熱烈な声援を受ける。


↑併走しながら撮ったムラタグ社長


●10キロ地点まで(飯田橋〜竹橋〜二重橋〜日比谷):

途中、去年と同じ場所で「ヤングマン」を大音量で流している一団に遭遇。
去年は、大きなラジカセだったのに、
今年は1メートルもありそうな大スピーカーを用意している。
パワーアップしたなあ。

自分のオフィスの前をとおり、
皇居に沿ってしばし、走る。
膝はまったく痛くない。嬉しい。

沿道の人々とハイタッチを交わしながら、
「ありがとう」
と言いながら走る。

あっという間に10キロ。


●中間地点まで(日比谷〜芝〜品川〜芝〜日比谷):

日比谷から品川に向かう第一京浜に入ったあたりで、
何だかスイッチが入った。

ず〜〜っと途切れなく「がんばれ〜」と声をかけてくれる沿道の人々に、
本当にありがたい、という気持ちが湧き上がる。
ひたすらハイタッチ。
ひたすら「ありがとう」

キロ6分にスピードアップ。
膝は痛くない。どこまでも行けるような気がするくらい。


●30キロ地点まで(日比谷〜銀座〜日本橋〜浅草):

中間点を2時間16分で通過。
去年はこのあたりで、膝が痛くて痛くてもう歩いていた。

25キロあたりで、ボランティアを終えたうっちーを沿道に発見。
駆け寄って、ハグ。

日本橋の高島屋の向かいで、家族と会う。
応援ボードを持った娘の姿が目に入る。
駆け寄って、またハグ。
周囲の人々が微笑みながら、見ている。


↑娘と息子と記念写真。

その後、ひたすら1キロ6分のペースを維持しながら浅草に向かって北上。
浅草のあたりの声援もすごかった。


↑雷門前の大群衆


●35キロ地点まで(浅草〜日本橋〜銀座〜築地):

30キロ過ぎで、今日のレース初めてのトイレに。
昨年も使った穴場のトイレ。

日本橋から再び銀座を通って歌舞伎座前を通過。
そのあたりで、池尻大橋の名店「ゆるり」の大将と奥様を沿道に発見。
また、ハグ。
奥様のCさんは、ホノルルを10回走っているような本格ランナー。
去年は東京も走ったのだが、今年は残念ながら落選してしまった。

ポットに温かいコーヒーを淹れて持ってきてくれていて、
ありがたく、いただく。
おいしい〜。


●40キロ地点まで(築地〜豊洲〜東雲):

このあたりもまた、多くの人が凄まじい声援を送ってくれた。
去年よりもずっと多かった。

何度も何度もハイファイブ。

「もう、今年の東京マラソンは終わってしまうのか」
と、少し感傷的になりながら、走っていた。


●ゴール(ビックサイト):

ひょこひょこ歩きながらゴールした去年と違って、
今年は、結構な勢いでゴール。
ゴール前で待っているはずだった家族の姿はなぜか見えず。
(うまく移動できなかったらしい)
そのかわりに、にしおかすみこがいましたが(笑)。

こうして、今年も東京マラソンが終わりました。


<5キロラップタイム>
-5KM 0:34:50
-10KM 0:34:17
-15KM 0:30:01
-20KM 0:30:23
-25KM 0:31:19
-30KM 0:33:09
-35KM 0:32:43
-40KM 0:34:35
-GOAL 0:14:55

Total 4:36:12


<今年の総括>

とにかく、素晴らしいレースでした。

スタートからゴールまでの42.195キロ。
一部、人が入れない高架橋をのぞいて、ずっと途切れなく人垣がつづきます。
銀座や浅草などでは、五重六重の人垣が。

みんなが、「がんばれ〜」「ファイトー」と切れ目なく声援を送ってくれて、
ものすごくポジティブなエネルギーを与えてくれます。

たくさんの応援ボードの中には、
笑わされるものもあれば、ちょっとホロッとくるようなものもありました。


また、「私設エイド」を設置してくれている人や、
チョコやアメ玉などを差し入れしてくれる人の数も、
去年よりもさらに増えていました。

車道の歩道寄りは、少しでこぼこしていたり、傾いていて、
走りやすくは決してないのですが、
歩道寄りを走ったほうが、圧倒的に元気に走れる気がしました。

多少寄り道をしても、ハイタッチをして、
「がんばって!!」
「ありがとう!!」
という会話を交わしたほうが、結果として元気をもらえてタイムも上がる
のです。


レース前は、
「100メートルに1回ありがとうと言って、全部で400回くらいかな?」
と思ってましたが、とてもとてもそんなものではありませんでした(笑)。
たぶん、その10倍以上は言ったでしょうか。
ハイタッチも、1000回以上はしました。


こんなに多くの人から応援されることも、
こんなに何度も「ありがとう」ということも、
都市型ビッグマラソンならでは。

本当に心の底から東京に「ありがとう」、と言いたくなる、
一日でした。


声援を送ってくれた皆さん、ありがとう。
ハイタッチしてくれた皆さん、ありがとう。
ボランティアの皆さん、ありがとう。
一緒に走ってくれた皆さん、ありがとう。
企画運営をしてくれた皆さん、ありがとう。
交通規制に協力してくれた皆さん、ありがとう。
愛する家族のみんな、ありがとう。

そして、最後まで頑張ってくれた、僕の体、ありがとう。

来年もまた、会いましょう。



ありがとう!!


↑娘が作った応援ボード。パパの似顔絵が描いてあるが・・・(苦笑)。
| 橋口寛 | RUN | 19:20 | comments(16) | trackbacks(0) |
東京マラソンEXPO
「東京マラソンEXPO」に行ってきました。
昨年は東京ドームでしたが、今年はビッグサイトです。

会場には、ビッグマラソン前日の高揚した雰囲気が満ち満ちていて、
居るだけでとても楽しい空間でした。



明日は二度目の東京マラソン。
昨年は、膝痛でほとんど事前に走れなかったり、
直前1週間ほど、毎日3時間くらいしか寝れなかったり、
前日の土曜日に名古屋日帰り出張が入っていたり、
色々と大変でしたが、今年は比較的落ち着いた前日でした。

幸い、天気も良さそうです。
感謝。


今年も、多くの友人たちが東京マラソンを走ります。
ムラタグ、
しらまささん、
ヒビキング、
やまなかさん、
イチロー、
雨ちゃん、
キャプテン、
三宮さん
みんな、楽しく、ENJOYしましょう!

その何倍もの友人たちが、抽選で落選しました。
彼らの分も頑張って走りたいと思います。

荷物預け所でボランティアスタッフをしてくれる
ホノルル仲間のうっちー、ありがとう!

沿道で応援してくれる、
ちえさん、大将、スマイルワークスのみんな、
そして子供たちと妻、ありがとう!


元気で走れることに感謝して、
たくさんのボランティアや沿道の応援に感謝して、
笑顔で、数え切れないほどの「ありがとう」を口にしながら、
今年も元気で走ろうと思います。


(ちなみに今年のゼッケン番号は、37921です。
見かけたら声かけてください。)


”人生で最高の7時間を走ろう
Just Do It”
| 橋口寛 | RUN | 21:37 | comments(1) | trackbacks(1) |
深夜 見知らぬ町を走る
深夜のホテルの部屋。
大型のスーツケースが転がっている。

今週は名古屋5連泊なので、スーツケースもいつもより大きい。
少しだけできたスーツケースの隙間に
ランニングシューズとウェアを詰め込んで持ってきた。

最終バスと電車を乗り継いで帰り、日付が変わる頃にホテルへ。
スーツをいそいそと脱ぎ、ウェアに着替えて、走る。

知立から名古屋へとつづく、国道一号。
ひっきりなしに通る長距離トラック。

見知らぬ町。
見知らぬ道。

ちょっとした曲がり角を曲がる。

また、見知らぬ町。
見知らぬ道。

走らなかったら、一生通らなかったであろう町。
一生踏むことはなかっただろう、マンホール。

足元に感じながら、
白い息を吐きながら、走る。



耳元からは同じ曲が流れているけれど、
僕は、一ヶ月前とはまるで違う場所にいる。

ホノルルマラソンから、はや一ヶ月。
人生は、とてつもなく速い。
| 橋口寛 | RUN | 01:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハーフマラソン
朝から雲ひとつない快晴。

北千住で行われた、ハーフマラソン大会に参加してきました。
この秋にエントリーしていたいくつかの大会に落選したので、
これが、ホノルル前の最後の大会エントリーになる予定。


今日はタイムを狙うのではなく、
設定したラップタイムどおりに最後まで行くことを目標にスタート。

スタートから、折り返し点以降17〜18キロまでは予定どおりのラップ。
空を見上げたり、草野球や草サッカーを眺めたり、
とてもリラックスした楽しいレースでした。
でも、18キロあたりで膝に急に痛みが。。。
一気にラップタイムが落ち、トータルタイムも二時間を越えてしまいました。


レース後は、屋台でビールとお好み焼きを買って、
芝生に座ってのんびりと秋空を見上げながらビールを飲みました。



今日参加したのは、「タートルマラソン全国大会」というレース。
6000人参加者の大会で、大量のボランティアの方が
誘導その他で活躍しています。

本当にありがたい限りです。
走りながら、感謝感謝でした。
| 橋口寛 | RUN | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
よこはま fun run day
横浜市の「こどもの国」で行われたレース「よこはまfun run day」に友人たちと参加してまいりました。

我々がエントリーしたのは、四人1チームで出る、「こどもの国一周駅伝」。
一人4.1キロのこどもの国をそれぞれが一周する駅伝です。


一人4.1キロというと短いのですが、
噂によると尋常でないアップダウンがあるとのこと。

一走は、E氏。思いのほかの好タイムでタスキをつなぎます。
二走は、U氏。これまた、メタボ体型からは想像もできない好タイム。
三走は、naoki氏。半ば無理やりの参加で、悪態をつきながらも好タイムでリレー。

四走が、私。
スタートしていきなり登山レースかと見まごうばかりの急坂があり、
その後も急なアップダウンがひたすらつづきます。
それでも、キロ当たりスプリットが当初設定より30秒も速いペースで推移。

一人に抜かれて、四人を抜き、
残り一キロ地点になったところで一人に追いつかれました。

そこから一キロは、ひたすら彼との競り合い。
そのままゴール前までいき、二人で併走しながら全力のラストスパート。
ほぼ同着でのゴールでした。


後で時計を見たら、普段の練習では決して出ないタイム。
やはり大会の力、チームの力というのは大きいのですね。




ゴール前で競り合う二人。(私は左側)


最後にスプリントで走れたのは、普段の練習の成果。
一方でこの程度のタイムに留まったのは、普段の練習の不足。
もっと練習しよう、と思ったのでした。


レース後は、こどもの国で子供たちと遊び、
そのまま六本木に移動して、飲み会に参加した我々メンバーでありました。
| 橋口寛 | RUN | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京マラソン受かりました
今週は実に色んなことがありました。


さて、東京マラソンの当選発表が本日あり、
見事二年連続当選いたしました。
昨年にも増して倍率が高かったのですが。

一方、世田谷246ハーフマラソンの発表も先日あり、
こちらは二年連続落選いたしました。

東京マラソンにはご縁があり、
世田谷246にはご縁がないということでしょうね。


東京マラソン、今年はしっかり準備して臨みたいと思います。
| 橋口寛 | RUN | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
10キロレース
昼から、家族と一緒に国立競技場に出かけました。
神宮外苑で行われた「グリーンリボン・ランニングフェスティバル」に参加するためです。

グリーンリボンとは、移植医療のシンボルのことで、
この日も臓器移植を受けた方々が多く参加していました。


私は、「10キロレースの部」にエントリーいたしました。
国立競技場をスタートして、一周2キロの神宮外苑を5周するレースです。



2月の東京マラソン以来、久しぶりのレース参加でしたが、
凍えるような寒さだった東京マラソンとは打って変わって、
気温34度の炎天下のレース。

いや〜、かなり暑かったです。

夜のヤクルト中日戦に向けて並ぶ多数の中日ファンの間を駆け抜け、
文字通り汗みずくになりながらゴールした結果は、
事前の目標タイムプラス59秒。
今日のコンディションを考えれば、まずますでしょう。


年末のホノルルに向けて
これからいくつかレースに出て行こうと思っています。

(しかし、ホノルルって、やっぱり今日みたいに暑いのかな。。。)
| 橋口寛 | RUN | 22:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ