後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
LBA 定期セミナー
本日は、新丸ビルの「エコッツェリア」にて、LBA(LOHAS Business Alliance)の、第一回定期セミナーが、開かれました。

第一部が、無添加リフォームのOKUTAさんに関するセッション。
(ゲストは、OKUTAの山本社長)
第二部が、CO2オフセットに関するセッション。
(ゲストは、「100万人のキャンドルナイト」の仕掛け人であるマエキタミヤコさん)

第一部で、まず山本社長が同社のミッションや、ビジネスモデルについて45分ほどプレゼンをしたあと、私が40分ほど話をさせていただきました。

・ビジネスモデルの6つの柱について
・ブランドについて
・マーケットの大きなトレンドについて
・お客様の感情について
・右脳と左脳について
などなど。。。

かなり真面目な雰囲気が漂っていたので、合間合間に笑いを取りに行ったのですが、、、かなりすべりました(笑)。爽快なくらい。

「あ、今、俺すべってる!」
「すべってるよね、俺!」
というメタ認知が、また笑いを誘います(自分だけ)。


また、後半、後ろのほうの女性が、押し寄せる眠気と激しい死闘を繰り返した挙句、ついに白目をむいてノックアウトされた瞬間は、
前で話しながらも、「よく頑張った!」と拍手しそうになりました。


そんなことも含めて、楽しいセミナーでした。
出席企業の皆様、ありがとうございました。

次回こそは、「一人も寝ない講義」で行きたいと思います。
| 橋口寛 | LOHAS | 23:59 | comments(5) | trackbacks(0) |
OKUTAさん訪問
ヒリヒリするほどに、暑い一日。

銀座で、知人とランチ。
僕と同年代だが、既に複数の大手消費財企業の経営者を経験している人。
体験に基づく色々な話が、とても参考になった。


その後、電車で埼玉県大宮市へ移動。
LBA(LOHAS Business Alliance)代表の大和田順子さんと一緒に、リフォーム企業のOUKTAさんを訪問した。

OKUTAは、完全自然素材でのリフォームを徹底している会社である。

創業者の奥田会長はサーファー。
山本社長は元ミュージシャン。
そのあたりも含めて、パタゴニアのような会社である。

山本社長に、同社のアウトレットや、「ロハス・スタジオ」と呼ばれる店舗を案内していただき、いろいろと説明を伺った。

アウトレットには、お客様が体感できよう、「無添加リフォーム済みの部屋」と、「通常の部屋」とが並べて展示されている。

部屋に入った瞬間、その部屋の持つ匂い、湿度、暑さその他の「感覚」が、まったく違うことに、驚く。体験の持つ、圧倒的な説得力。
湿度や匂いを吸着する「EM珪藻土」の威力には、すごいものがある。

EM珪藻土の壁


不揃いの無垢材の床


断熱効果の高い木サッシ


同社のすごいところは、2001年までは、「普通の」売上至上主義のリフォーム会社だった、ということだ。
今ではその頃の面影すらないけれど、2002年に奥田会長のある体験をきっかけに、180度違う会社へと経営方針を大転換した。
当時180人いた社員の半分は、方針転換についていけずに辞めてしまったという。

オーナーにしかできないことではあるが、それでもその「決断」の力と抵抗は、
並大抵ではなかったはずだ。


さて、今回なぜOKUTAさんを訪問したかというと、
来週28日(火)に行われるLBAの第一回勉強会にて、OKUTAさんのプレゼンがあるため。



山本社長のプレゼンにつづき、僭越ながら私が同社のビジネスモデルに
ついて、30分ほど解説させていただきます。
(「解説」というようなえらそうなものではなく、「学べることの整理」です)


締め切りは過ぎてしまいましたが、もし、ご興味のある方は、<strong>こちらからどうぞ。
| 橋口寛 | LOHAS | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
LBA発足記念フォーラム
LOHAS Business Alliance (LBA)の発足記念フォーラムが、新丸の内ビルディング10階のエコッツェリアで行われました。

会員企業の方、メディアパートナーの方、取材の方、合わせて百数十人の方に参加していただき、とても熱気を感じるイベントになりました。

ネットエイジの西川潔社長や、
ロハスカンファレンス・エグゼクティブディレクターのテッド・ニン氏、
「らでぃっしゅぼーや」創業者の徳江さん、などなど、
多くのゲストスピーカー・パネラーが参加してくれました。



このLBA、井手敏和さんと大和田順子さんが共同代表として立ち上げ準備を進めていたものです。
私も微力ながら理事としてお手伝いをさせていただいています。


会場には、多くの友人達の姿が。
別々の場で出会った方々が、さまざまなルートを通じて、こうしてここに集まって、
ワイン片手に語り合っている。

色んな出会いは必然なのだなあ、と思わせる光景でした。


第一回のセミナーは、8月28日に開催されます。
ご興味ある方は是非どうぞ。
| 橋口寛 | LOHAS | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソーラークッカー
冬晴れ。
気持ちよいほどに、快晴の土曜日。

朝、眠い目をこすりながら、青山の国連大学へ。

山元学校」の山元学長に誘っていただいた、
ソーラークッカー・ジャパンのミーティングに参加するためだ。

「菜の花モンゴルプロジェクト」のメンバーの方々も一緒に参加。

”ソーラークッカー”とは、その名のとおり、太陽の光を利用して、調理するというもの。
薪に利用するために、森林伐採が凄まじい勢いで進むアフリカ、アジアでの利用促進が期待されている。

詳しい話を聞くのは、初めての機会だったけれど、
”太陽光を反射させて煮炊きする”という言葉から想像していた以上に、強力なものであることが良く分かった。

何よりも、”想い”だけで集まった人々の熱意に触れて、刺激を受けた土曜日の午前中であった。

| 橋口寛 | LOHAS | 23:43 | comments(1) | trackbacks(1) |
「ソトコト」と「エロコト」
麻布十番にて、雑誌「ソトコト」小黒編集長、S取締役、イデトシカズさん、某出版社編集女史と会食する。

そこで、小黒さんに渡されたのが、同社(木楽舎)が最近創刊された雑誌
エロコト」。




もう全編、「エロ」である。
編集長は、坂本龍一。
執筆陣は、リリーフランキー、中沢新一、江口寿史、などなど。
アートディレクションは、進藤三雄。
(無駄に)超豪華である。

この雑誌を出したことで、真面目な方面からは、相当バッシングされているらしい。
しかし、個人的には、このチャレンジ精神が、「やらずもがな」のことをやって叩かれるところが、とても好きだ(笑)。


季刊誌の「エロコト」。
次号の特集は、あの吉本隆明だそうである。
これは、読まずにはいられません。
| 橋口寛 | LOHAS | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロハスサロン
汐留にて、コーポレートコミュニケーションズLLP主催の第四回ロハスサロンを
開催しました。

42階から見下ろす台風一過の東京は、ため息が出るような美しさでした。




今回ゲストで来ていただいたのは、
・サックスの呼吸法から着想を得た「音楽呼吸法」普及活動をされている、プロサックスプレーヤーのMさんとTさん。
・働く人々のメンタルへルス改善のための事業をされているW社長。
・完全オーガニックのあられを製造販売されている、精華堂あられの専務Kさん。

のお三方。

それぞれのブリーフィングは、とても興味深いものでした。

音楽呼吸法はとても気持ちよく、
あられはとても美味でした。


ケータリングは、オーガニック&ベジタリアンフードの「tropica*」さんに、熱海から山のような食材を持ってきていただきました。

食事は、創造的かつ超美味。
ベジタリアンの小生としては、とても嬉しい食事でした。


また、先日お会いした化学物質過敏症・電磁波過敏症の患者さん(「未来からの使者」)を救う活動をされているIさんにも来ていただき、両過敏症を取り巻く現状と、Iさんの活動についてお話していただきました。
談笑していた参加者が、静まり返って話に聞き入り、その後活発に質疑をされている様子が印象的でした。



ロハスサロンは、基本的には知り合いの知り合いベースで参加者を募って行っている、カジュアルなパーティーです。
毎回、とても気持ちよい人々に集まっていただき、本当に感謝しています。


ブリーフィングを行っていただいた皆さん、
遠くからケータリングをしていただいたtropica*のお二人、
電磁波に満ち溢れた都心に出ていただいて、いろいろ話していただいたIさん、
他、参加者の皆様、本当にありがとうございました。


追伸:
13日深夜の「ドキュメント'06」で、化学物質過敏症の子供達を扱った「カナリアの子供たち」というドキュメントが放送されました。
衝撃的な内容でした。
| 橋口寛 | LOHAS | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロハスサロンのお知らせ
8月9日(水)の夜に、第四回目のコーポレートコミュニケーションズLLP主催の
「ロハスサロン」を開催いたします。

毎回とても楽しい人々が集まるサロンですが、今回は「ロハスとヘルスケア」をテーマに開催します。

●日時:
2006年8月9日(水)18:30〜21:30
(ブリーフィングの後、ベジタリアンフード・オーガニックワイン・オーガニックビールで懇親)

●場所:
アクティ汐留42Fパーティールーム (港区海岸1−1−1 アクティ汐留) : http://tinyurl.com/m2r99

●会費制: 5000円。(サロン形式で40名前後の見込み)

●ゲストスピーカー(予定):
○宮浦清さん: 
音楽家。アルトサックス奏者。「音楽呼吸法(ミュージックブリージング)」を研究する、呼吸研究家。日本音楽呼吸法研究所エグゼキュティブプロデューサー。

○渡部卓さん: 
ライフバランスマネジメント社長。
早稲田大学卒、ノースウェスタン大学大学院卒、コーネル大学SILRにて単位取得。 モービル石油、ペプシコ社(日本、米国)、AOL Japan(株)、シスコ・システムズ(株)などで本部長職などを経て、2000年10月に(株)ネットエイジに副社長として入社後、スピンアウトの形でライフバランスマネジメント社設立。早稲田大学理工学部講師、産業カウンセラー、日本産業カウンセリング学会会員、日本心身医学会会員、日本うつ病学会会員。マスコミへの論評・連載・出演、講演など多数。著書に「会社のストレスに負けない本」(大和書房)。

○あられ屋敬太さん: 
あられ屋(精華堂あられ)の三代目として東京深川に生まれる。学生時代はイタリアオペラ研究、サラリーマン時代は缶コーヒーキャンペーンの革ジャン開発など、別分野での活動を経て、3年前から家業に入る。一女一男のパパ。精華堂あられは、創業七十年の老舗米菓メーカー。美味しさを追求して、全国のもち米・食材を探し訪ねた結果、農薬や添加物を使わないものが一番美味しいことを実感し、味を極めた安全なあられ・おせんべいを作っている。ロハス関連の書籍にも紹介された、日本で唯一の国産米有機(オーガニック)認定米菓メーカー。

●協賛:
株式会社ヤッホーブリューイング (オーガニックビールのご提供)
株式会社精華堂あられ総本舗(オーガニックあられのご提供)


当日は先日お会いした、NPO法人「地球環境と免疫系疾患の改善総合研究会」代表理事の池谷さんにも来ていただく予定です。
一人でも多くの方に、「未来からの使者」の言葉に耳を傾けていただきたいと考えています。

なお、LLPのパートナーでもあるイデトシカズさんが、「いきいきロハスライフ!のすごし方」という、二冊目の本を出されたところなので、その内輪でのプチ出版記念パーティーも兼ねております。

また、当日はオーガニック&ベジタリアン料理のtropica*さんより、オーガニック&ベジタリアンフードのご提供もいただく予定です。

そして飲み物は、いつもどおり、オーガニックワイン&オーガニックビール。
(私は断酒しているはずなのですが。。)

当日、私は進行役をいたします。


とにかくいつも楽しい方々が集まりますので、ご興味のある方は、是非遊びにいらしてください。

お申込は、メールをください。
hashiguchi@hashiguchi-hiroshi.com


(会場が小さなパーティルームなので、もし一杯になってしまったらすいません)
| 橋口寛 | LOHAS | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ