後日乗

ごにちじゃう Life After Tuck in Tokyo

米国Dartmouth College, Tuck SchoolでMBAを取る過程を
365日x2年余すところなく記した「ダートマス日乗」
帰国後 東京における日々を「後日乗」として 再び記す
(副題としてはあまりに長い)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ブログを移転しました
2003年に帰国してから実に10年間つづけてきたこの「後日乗」でありますが、

このたび、リニューアルしブログを移転することにいたしました。
(JUGEMからFC2へ)


もともと留学中にずっと書いていた「ダートマス日乗」の後編ということで始めた「後日乗」ですので、もはや10年間も経過して、今更「後日乗」もなかろう、とふと思ったゆえです。


移転先は、以下です。


なんのヒネリもない名前ですが・・・(笑)。



移転先ではじめてブログを書きましたが、色々と新鮮です。
あらためて心機も新たに、更新頻度も心持ちあげて(ホントか?)
参りたいと思います。


ということで・・・
これまで10年間にもわたる「後日乗」、本当にありがとうございました。

これからも新しく移転したブログの方で改めて宜しくお願いいたします。
| 橋口寛 | お知らせ | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
生活の木 重永さんの特別講義
公私ともに大変お世話になっている株式会社生活の木の重永忠社長にお越しいただき、慶應SDMで6月19日(火)の19:00から特別講演会を開催いたします。

先週も同社が運営する飯能市の「薬香草園」というハーブガーデンにて重永社長のお話を聞き、リーダークラス、マネージャークラスの女性社員のお話をお聞きしましたが、親御さんから継いだ会社を一代で完全に業態を作り変え、「会社は社員のために存在する」という明確な軸に向けて飽くことなく追求しつづける姿は凄みさえ感じるものです。
私が今まで出会った方の中で最高の人格者であり、人格の面でいつかこの高みに到達したいと目標とする高嶺の存在でもあります。

弊社運営協力で当日は司会をさせていただきます。是非多くの方に聞いていただきたいと思っています。250名枠ですが無料講演でかなり早めに埋まることも想定されますので、下記リンクより是非お早目にお申込みください。

http://www.sdm.keio.ac.jp/2013/06/19-123902.html

--------------------------------------------------------
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)は株式会社生活の木・重永忠氏をお迎えし公開講座を開催いたします。
NPOやNGOのみならず企業においても社会貢献活動が中心的な概念になりつつありますが、生活の木はその先駆的な存在として「自然、健康、楽しさ」という理念を軸に創業30年を経ても尚、成長を続けています。今回は重永社長に生活の木の「これまで」と「これから」について、新事業を立ち上げて事業展開をして行く過程、社会貢献への思い、そしてこれからのビジョンについてお話しいただきます。ハーブやアロマテラピー関連商品、関連サービスの開発や全国120店舗の直営店運営だけでなく、スリランカでのホテル事業など、事業を通じた社会貢献を行う成長企業の経営者自らが、その経営について語る特別な機会です。21世紀の企業の姿をお知りになりたい方は是非ご参加ください。
--------------------------------------------------------
| 橋口寛 | お知らせ | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご報告: 慶應SDMでの授業
 【ご報告】
昨日、日吉で関係者と直前の打ち合わせをしてきましたが、来週の月曜日から慶應義塾大学大学院のSDM(システム・デザイン・マネジメント)研究科で非常勤講師として週1コマを担当させていただくことになりました。

担当させていただく授業は「起業デザイン論」という春学期の15コマのクラスになります(私が担当するのはそのうち前半10コマ目まで)。


私自身は人様にものを教える者としては、経験・識見・人格いずれの面でも足りないところがあまりにも多い人間であり、例えば起業と名のつく授業を担当するのに、創業した会社を上場させた経験があるわけでもなければ、ベンチャーキャピタリストの方々のように無数のスタートアップの成長を支援してきたわけでもありません。

これまでも企業内起業を文字通りボロボロになって立ち上げたり、今もユーフォリアというスモールカンパニーの立ち上がり期で仲間と一緒に汗だくになって走りまわっている状態です。

それでもこれまでの体験的学習を通じて学生の皆さんに伝えたいことは山のようにありますし、一緒になって考えていきたいこともたくさんあります。

そして本当にありがたいこそに、そんな足りないパーツのあまりに多い私のことを、周囲の素晴らしい経営者やキャピタリストや専門家の方々が日吉まで来て支援してくださいます。重永さん、佐藤さん、白砂さん、森田さん、山中さん、石野さん・・・。本当に感謝の思いしかありません。


素晴らしい教員の方々、TAの皆さん、学生の皆さん、そして経営者の皆さんと一緒に、この新しく野心的な大学院で、新たな創造・新たな挑戦に共に取り組める事に対して、とてもワクワクしていますし、とても感謝しています。


十数年前に自らが借金をして留学していた時、たまに存在した質の低い授業をする教授に対して「俺がこの一コマのために一体いくら払ったと思っているんだ!!」と怒りをみなぎらせていた時の気持ちを思い出し、全身全霊で授業の準備をして臨みたいと思います。

学生や経営者とのやり取りを通じて、魂が震えるような体験をしたいと思いますし、人生におけるいくつかの経験のように「このプロセスを経ていない自分自身はもはや想像ができない」というような時間にしていきたいと思います。

来週月曜日の学生の皆さんとの出会いを、心から楽しみにしています。
| 橋口寛 | お知らせ | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
パートナーシップに関する講演のお知らせ
3月19日(火)にパートナー企業であるエッセンス(株)さんの主催のセミナーで
「これからの企業経営者に求められるパートナーシップ・マインド」
と題してお話します。


<セミナー概要>
http://www.essence.ne.jp/seminar/20130319.pdf

パートナーシップに関する本を出してからの7年間で、ワークスタイルも雇用関係も大きく変わりましたし、自分自身もその中にかなり深く関わる(翻弄される)ことになりました。当日は私的な経験に基づく部分も含めてお話させていただきたいと思っています。

ご興味にある方は是非私へのDMかメールにてご連絡ください。
hiroshi.hashiguchi(at)eu-phoria.jp

------------------------------
■プログラム概要
 日時: 2013年3月19日(火)15:00〜17:00 [開場]14:30
 会場: 恵比寿 Seven.
 住所: 渋谷区恵比寿1−22−20 恵比寿幸和ビル7F
    http://seven-ebisu.jp/access/
 定員: 30名
 最寄駅:恵比寿駅 徒歩4分
 参加対象: 経営者、経営幹部、人事責任者、人事ご担当者の方
 参加費: 3000円
  (当日、現金でのお支払いにてお願いいたします。領収書をご用意いたします。)
 主催: エッセンス株式会社
| 橋口寛 | お知らせ | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お知らせ】慶應SDMフューチャーセッション
友人で慶應大学システムデザインマネジメント研究科(SDM)で非常勤講師もしている富田さんのアレンジで、慶應SDMで、「デザインと経営の未来」をテーマとした公開講座「フューチャーセッション」を9月19日の夜に行います。

鳴海製陶の「OSORO」プロジェクトにおいて、クリエイティブディレクターとしてディレクションを担っていただいたエムテドの田子学さんと私が登壇し、それぞれに「デザインと経営」、「経営とデザイン」についてプレゼンをし、トークセッションを行います。

イベントは事前予約制、入場無料です。

------------------------------------------------------------------------------

<概要>
・主催:慶應義塾大学大学院SDM研究科
・協力:株式会社エムテド、鳴海製陶株式会社、株式会社ユーフォリア、イノベーティブ・デザインLLC
・日時:9月19日(水)19:00〜21:00(開場は18:30)
・場所: 慶應義塾大学日吉キャンパス協生館3階 C3S10(CDF)教室
・参加費: 無料
・定員:80名 事前予約制
・申込方法:申込は【こちら】の申込みフォームからお申込みください。

<プログラム>
18:30- 開場
19:00-19:10 ご挨拶 慶應SDM研究科委員長 前野隆司様
19:10-19:40 田子學氏によるプレゼンテーション
19:40-20:10 橋口寛によるプレゼンテーション
20:10-20:30 トークセッション&質疑応答

------------------------------------------------------------------------------

詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。


デザイン思考と経営の統合は今後多くの企業にとって重要なテーマになっていくと思います。

絶対解は存在しないテーマでありますが、全力でプレゼンさせていただきます。

ご興味のある方は是非ご予約ください。
| 橋口寛 | お知らせ | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お知らせ】コンサルティングのクライアント募集

業務上のお知らせです。


クライアントの方との新しい出逢いと求め、コンサルティングのクライアントを2社募集させていただきたいと思います。


現段階で想定している詳細は以下になります。

・月2回(隔週)
・一回あたり3時間のセッション
・対象は社長及びそれに準じる方
・原則1対1のセッション(1対多も場合によって応相談)
・初回1時間強のお試しセッション(無料)を通じてご相談
・期間は原則3ヶ月単位(その他期間も場合によって応相談)
・その他すべて応相談

詳細はhiroshi.hashiguchi(at)eu-phoria.jpまでおねがいします。
((at)を@に変えてください)

新しいクライアントの方との出逢いをお待ちしています。

| 橋口寛 | お知らせ | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
DIECI GINZAの閉店
DIECI GINZA」は、2009年11月に、銀座六丁目に開業しました。

日本最古の社交クラブ交詢社の入る交詢ビルの3階にて、鳴海製陶の初の直営コンセプトショップとしてのスタートでした。


その「DIECI GINZA」が、7月15日(日)をもって、ついに閉店します。
開業から2年8ヶ月の短い歴史でした。


開業時にはコンサルタントとして深く関与し、その後まもなく直接の部門管掌役員として責任を負ってきた立場としては、さまざまな理由があるとはいえ、最終的に閉店のやむなきに至ったことについて、実に慚愧にたえないものがあります。

特に店頭のスタッフの全力の奮闘とその成果を見てきた立場としては、この結果を避けえなかった己の責任をただ痛感します。


今週、DIECI GINZAのスタッフが、銀座で「お別れ会」をしてくれました。
ひとりひとりの顔を見ていると、色々なことが思い出され、最後の挨拶ではほとんど何を言っているかわからないグダグダの状態になってしまいました。


どのような事柄であれ、攻めるはたやすく、撤退するは難しく、そして殿軍は最も難しいものです。

これまで私は、殿軍の難しさは、そこに追手の手にかかるリスクあるがゆえのみと思ってきました。
でも、もっとも大きな難しさは、それとは別のところにあることを初めて知りました。
それは、栄光なき地味なるミッションにフルコミットする精鋭部隊を維持することそのものの持つ本質的な難しさでした。

その意味で、DIECIの撤退は、栄誉ある例外事例だといえるでしょう。
これだけのスタッフが最後まで全力を尽くしてくれているさまを、私は内心拝むような感謝の思いで見つめていました。

フル営業の最終月となる6月度には、ずば抜けた過去最高の売上を計上するというおまけまでつけての、栄光ある撤退でした。


私個人も鳴海製陶も、DIECI GINZAの運営から多くのことを学びましたし、何よりもスタッフの彼女たちの姿から多くのことを学びました。

私自身は退任をいたしましたが、この2年8ヶ月間の成果を活かして、鳴海製陶は今後ますます発展していってくれることを願っていますし、DIECIのスタッフたちは今後もその新しいフィールドでその見事なプロ意識をもって活躍してくれることを確信しています。


私自身は、おそらく死ぬまで、銀座六丁目を通るたびに、交詢ビルを通るたびに、二度と戻らぬ日々のことを思い、また自らの責任を思い、胸の痛みを抱くことと思います。
70歳・80歳になって、交詢ビルを訪問した自分の胸に去来する思いはいかばかりであろうと思います。


最終営業日となる7月15日には、私も万感の思いを抱いて店頭で接客担当(補佐)をしております。
ご来店いただければ幸いです。


 ↓ 6月最終営業日のDIECI GINZAの店頭。





 ↓ 「お別れ会」にて、DIECI GINZAの姫たちと。




これまで、本当にありがとう。
| 橋口寛 | お知らせ | 01:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
ご報告
当ブログ上でのご報告が遅れました。

わたくし、先月6月いっぱいをもって洋食器メーカーの鳴海製陶株式会社を退任いたしました。

2007年2月にコンサルタントとしてMBO直後の同社に入りました。
きっかけはTUCK時代の友人が、同社MBOを支援したファンドにいたこと。
当初は週2日x3ヶ月で中期経営計画の作成支援をするというものでした。

その後外部からの立場での経営企画室長、プロジェクトマネジメント等をやらせていただき、
直近2年間は取締役執行役員としてマーケティング・デザイン開発・Eコマース・直営店を担当させていただきました。

実に、合計5年半(パートタイム3年半+フルタイム2年)にわたってお世話になったことになります。


大震災以降は特に経営環境が厳しさを増す中、力不足で社内外の皆さんに大変なご迷惑をおかけいたしました。

ダウンサイジングやショップの閉鎖など、非常に辛いこと、涙することも多くありました。
最後には、たくさんの協力を得て新ブランド「OSORO」の発表まで何とかこぎつけることができましたが、発表後の先を見届けられないのは、我が子を養子に出すような何とも言えないものがあります。


それにしても、多くのご支援・サポートを、有形無形のかたちでいただきながら仕事をさせていただいたことに感謝しています。本当にありがとうございました。


6月最終週は、鳴海製陶の本社のある名古屋と、東京とでそれぞれ送別会をしていただきました。

サプライズでいただいた若手デザイナー謹製のフォトブックの中には飲み会とランニングの写真がほとんどで、自分の会社への貢献は確かに飲み会だったなあ、としみじみ思わされました。

両方で合計70名を超える方に送別会に集まっていただき、本当に感謝しています。

テキーラ、何冊かの素敵な本、ランニングソックス、直筆の日本画、食器、花束、チョコレート、お菓子、シャンプー、扇子・・・たくさんの方に思いのこもった餞別をいただき、本当に感謝しています。


社外のみなさまからもたくさんのメッセージをいただきました。
ありがとうございました。

社内外からいただいたメッセージは、すべて大切な宝物であります。


おかけしたご迷惑へのお詫びと、いただいたご支援への感謝と。


これからの人生を通じてそれをしっかりと何かに昇華させていくことが、恩返しであると痛感しています。

以上、御礼のご報告でした。



| 橋口寛 | お知らせ | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
LTサロン会のお知らせ

いつもオルタナサロン等でお世話になっている株式会社生活の木の重永社長。


重永社長が主催されている「LTサロン会」という会で、今週水曜日に
「パートナーシップ・マネジメント」について講演させていただくことになりました。

今回が何と53回目というLTサロン会。

50回以上継続するということ自体が素晴らしいことです。


何度か参加させていただいていますが、集まっていらっしゃる方も気持ちのいい人ばかり。
その会で話をさせていただけるということをとても光栄に思っています。

-----------------------------------------------------------------------------
◆開催日時:  6月9日(水)  19:00スタート
 
◆場  所: 「オルタナサロン」
        http://www.alternasalon.com/
        渋谷区神宮前5−12−7 WISE WISE ビル・B1
                  
◆会  費:  5千円

◆テーマ:
    「パートナーシップ 〜マネジメントと働き方の未来〜」
-----------------------------------------------------------------------------


私の話自体は45分程度と短いもので、その後の懇親の時間もたっぷりあります。

ご興味のある方は、橋口までご連絡ください。
hashiguchi (at) hashiguchi-hiroshi.com
| 橋口寛 | お知らせ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お知らせ】世界連邦21世紀フォーラムで講演します
4月10日(土)の17:45より、
木戸寛孝さんが代表をされている世界連邦21世紀フォーラム」において、
パートナ−シップ・マネジメントについての講演をさせていただきます。

すべての人、すべての組織がパートナーシップを志向すべきとは思いません。
しかし、今後進むべき組織の方向性として、パートナーシップは明らかに
一つの回答であると思います。

これまでの思索と実践から得たひとつの仮説を、メッセージとともに
お伝えしたいと思っています。

休日の夜ですが、よろしければ是非おいでください。

楽しみにしています。

---------------------------------------------------------------------------

日 時:2010年4月10日(土)
        開場17:30  講演時間17:45〜20:45
場 所:東京体育館 第1会議室
   東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1
MAP→ http://www.tef.or.jp/tmg/access/access.html

テーマ:「パートナーシップマネジメント」
http://www.wfmjapan.com/program/2010/04/10132139.php

参加費:5,000円

【参加申込みの予約方法】
フォーラム参加の申し込みにつきましては、以下のアドレスにアクセスして頂
き、
講座プログラムページの参加申込みフォームよりお申し込み下さい。
http://www.wfmjapan.com/program/2010/04/10132139.php

---------------------------------------------------------------------------
| 橋口寛 | お知らせ | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
 (JUGEMレビュー »)

TUCKのフィンケルシュタイン教授の新刊。監訳と解説を書きました。
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
「パートナーシップ」という、信頼に基づく対等な関係性、ワークスタイルについて書きました。
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
板倉雄一郎事務所で書いた初の本。
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか
こうすれば受かる!MBA留学のススメ―あなたもこれで人生を変えてみませんか (JUGEMレビュー »)
江口 征男, 橋口 寛
TUCK'02の江口さんと共著で、アルクさんから出版した本です。受験生の方にとって必要な情報を網羅的に紹介しています。
名経営者が、なぜ失敗するのか?
名経営者が、なぜ失敗するのか? (JUGEMレビュー »)
シドニー・フィンケルシュタイン 酒井 泰介 橋口 寛(監訳)
TUCKのシドニー・フィンケルシュタイン教授の著作"WHY SMART EXECUTIVES FAIL"の邦訳本です。私が監訳と解説を書いています。

このページの先頭へ